ファクタリングで売掛金を即日現金化するために必要なこととは?


銀行融資のように厳しい審査もなく、即日に資金調達が可能となるファクタリングを資金繰りに活用する事業者は増えつつあります。

ファクタリングとは保有している売掛金(売掛債権)を現金に換えて資金調達する方法なので、銀行融資のように負債を増やすことなく手元のお金を即日増やすことが可能です。

ただ、ファクタリングが即日お金を受け取ることができるサービスときけば、「むしろ危険なのでは?」と不安を感じたり「怪しい業者なのでは?」と疑いたくなったりするものです。

そこで、なぜファクタリングは即日現金化を可能とするほど迅速性の高い資金調達方法であるのか、現金化までの流れや仕組みを解説します。

 

即日現金化を可能とするファクタリングが活用されるタイミング

資金調達の方法といえば、やっぱり銀行から融資を受けるほうが安心だと考える経営者も少なくありません。

ただ、債務超過でリスケジュール中の場合、銀行に追加融資の申し込みを行っても審査に通ることはないでしょう。また、銀行から融資を受けてお金を借りてしまえば負債が増えてしまうため、決算書の見栄えが悪くなることが気になるという場合も不向きです。

そもそも銀行融資における審査は利用者の信用力を重視するため、赤字決算の場合には借り入れが難しくなりますし、事業拡大や設備投資など将来の収益につながるポジティブな借り入れ理由でなければ積極的に融資対応はしてもらえません。

しかし、事業を継続させる上で一時的な資金不足に陥ることは十分考えられますし、即日資金が必要という場面でのんびり銀行融資の審査の可否を待つ時間はないでしょう。

このようなときファクタリングであれば、まだ売掛先から回収できていない売掛金(売掛債権)を使って即日資金調達が可能です。

 

借り入れではないので担保や保証人も不要!

ファクタリングは売掛金(売掛債権)を担保にしてお金を借りるのではなく売掛金(売掛債権)を売却して現金化する方法であり、売掛先から売上代金を受け取る期日よりも前に現金に換えることができます。

融資を受けるのではないため担保や保証人を準備する必要はなく、余計な手間や時間がかからないのも即日現金化が可能となる理由の1つです。

金券ショップなどに保有する商品券を売ってお金に換えたことがある方ならわかるでしょうが、商品券を換金するならまず査定してもらい、買取金額の提示を受けて納得すれば即日取引成立となります。

ファクタリングも保有する売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に審査・査定してもらい、見積もりとして提示された金額に納得できれば即日契約を結ぶことができます。

申し込みから審査・契約までがスムーズに進めば、早ければ即日現金化が可能となるのは融資を受けるのではなく売買契約であるからといえます。

 

ファクタリングで即日契約を結ぶ際の流れ

ファクタリングを利用する場合は、メールや電話でファクタリング会社に相談することからはじまりますが、主に次のような流れで手続きが行われます。

ファクタリングには利用者とファクタリング会社で契約する2社間ファクタリングと、売掛先も取引に交える3社間ファクタリングがあります。

どちらを選択するかによって流れは異なる部分がありますが、どちらにも共通する申し込みから現金化までの流れは次の通りです。

  1. 相談(事前相談)
  2. 申し込み
  3. 必要書類の提出
  4. 審査
  5. 契約

即日売掛金(売掛債権)を現金化させたいという場合、必要書類の提出での段階が非常に重要です。書類の不足があれば即日現金化が難しくなりますので、事前に何の書類が必要か確認しておくと、申し込みから現金化までがスムーズに運びやすくなります。

即日売掛金を現金化させる場合に準備しておきたい書類

ファクタリング会社によって、契約するにあたり必要となる書類は多少異なるところがあります。ただ、一般的に共通する必要書類は次のとおりです。

  • 本人確認書類(免許証やパスポート)
  • 売掛先に対する請求書
  • 売掛先との契約書・納品書・注文書・発注書など
  • 取引履歴が確認できる口座通帳の写し

他にもファクタリング会社によって、次の書類を求められることもあるので準備しておくとよいでしょう。

  • 法人の登記事項証明書(登記簿謄本)
  • 2~3期分の決算書
  • 納税証明書
  • 他のファクタリング会社との契約書

追加で書類を求められたとしても、適切に審査を行うために必要なため即日現金化を可能とするためにも準備するようにしましょう。

次々に書類を求められると不満を感じてしまうものですが、情報をしっかり提供したほうが正確な判定につながり、設定される手数料も低くなる可能性が高まります。

むしろ必要書類の提出がほとんどなく、安易に即日買い取り可能と判断するファクタリング会社は悪徳業者である可能性が高いと疑うべきです。

悪徳なファクタリング業者に騙されないように!

ファクタリングは便利で即日現金化が可能である反面、悪徳業者が横行しやすい業界である点には注意しておく必要があります。

ファクタリングを利用する場合に発生する手数料は、2社間ファクタリングなら10~20%、3社ファクタリングは1~5%が相場です。しかしこの手数料相場を大きく上回る手数料設定の場合や、担保や保証金・一時金などを必要とする場合、契約書を作成しない・控えを渡してもらえないという場合は悪徳業者である可能性大です。

手数料や契約書だけでなく、インターネット上にホームページを立ち上げている業者なら、掲示されている所在地に営業所や本社などが本当に存在しているか確認するようにしてください。

 

即日現金化する際に審査で重視されること

ファクタリングを利用する際、どのファクタリング会社でも審査を行い、売掛金(売掛債権)を買い取ってよいのか判断します。買い取りが可能と判断された場合、次にいくらで買い取るのか手数料の割合などを決めるため査定を行うことになりますが、この審査や査定において設定する手数料の判断基準となるのは売掛先の信用力です。

特にファクタリング会社が即日買い取りを希望する利用者のニーズにこたえるためには、審査に時間をかけることができません。

そこでどのような売掛金(売掛債権)を買い取ることになるのか、すでに別のファクタリング会社に譲渡された売掛金(売掛債権)でないか、そもそも架空の売掛金(売掛債権)でないかなども短い時間の中で確認することになります。

利用者の信用力も重視?

決済期日に売掛先から代金の回収が可能となることがもっとも重要なため、売掛先の信用力を重視する傾向は高いものの、2社間ファクタリングでは利用者の信用力もある程度重視されます。

3社間ファクタリングの場合、決済期日には売掛先からファクタリング会社に直接代金を支払ってもらう形です。しかし2社間ファクタリングでは、利用者が売掛先から代金を回収し、回収した代金を利用者からファクタリング会社にスライドさせる流れになります。

利用者の資金繰りがあまりに悪化しすぎている場合や、借金だらけで財務状況がかなり厳しい状態という場合、資産を差し押さえられる可能性も出てきます。

もし売掛先から利用者に代金が入金された後で差し押さえが実行されると、ファクタリング会社は現金化した売掛金(売掛債権)を回収できなくなってしまうので、2社間ファクタリングでは利用者の信用力も踏まえた上で手数料が決められると認識しておきましょう。

どのような売掛金を買い取ることになるのか

企業などが保有している売掛金(売掛債権)といっても、新規の取引で発生しているものや一時的に発生しているものもあれば、継続して取引を行っている売掛金(売掛債権)もあります。

新規や一時的な売掛金(売掛債権)の場合、取引の実績が浅いため期日に確実に入金されると判断されにくいですが、継続して取引のある売掛先の売掛金(売掛債権)であればファクタリング会社も安心して買い取りしやすくなるので手数料も下がる傾向が見られます。

別のファクタリング会社に譲渡された売掛金ではないか

売掛金は売掛債権という権利であり、目に見えない資産です。そのため、誰がその権利を保有しているのか目で見て確認ができません。

仮にファクタリング会社に買い取りを依頼された売掛金(売掛債権)が、すでに別のファクタリング会社で売却されたものだとしても判断がつきにくいことが特徴です。

同時に複数のファクタリング会社に対し、売掛金(売掛債権)を買い取ってほしいとコンタクトをとっている可能性も考えられます。

3社間ファクタリングであれば売掛金(売掛債権)が譲渡される旨の通知を売掛先に行い、承諾を得た上で契約が結ばれます。これにより、他に売掛金(売掛債権)の権利を主張する業者などがあらわれたとしても、自社が権利者であることを主張できます。

ただ、売掛先に対する通知や承諾を得る流れが必要となるため、即日現金化は難しくなることが特徴です。

即日現金化を希望するなら2社間ファクタリングを利用することとなりますが、2社間ファクタリングの場合、売掛先を取引に加えないため通知や承諾を得て売掛金(売掛債権)の権利を保有することを主張できません。

そこでファクタリング会社は、2社間ファクタリングにおいては債権譲渡登記という登記制度を利用し、法的に権利を主張できる形をとります。

ただ債権譲渡登記が必要な契約の場合、別途登記にかかる費用が発生してしまいますし、登記情報なので誰でも閲覧可能となるため売掛先や銀行などに売掛金(売掛債権)を譲渡したことを知られる可能性があります。

ファクタリング会社によっては、未登記という形で対応するケースもありますので登記の有無を確認した上で検討するとよいでしょう。

架空の売掛金を持ち込まれていないか

急にお金が必要となり、銀行融資も受けられないので保有する売掛金(売掛債権)を即日現金化させようと、存在しない売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に持ち込もうとする利用者も実は存在します。先に述べた通り、売掛金(売掛債権)は目に見えない権利のため、実在するか確認できません。

そこで、売掛金(売掛債権)が本当に存在するものかについて、売掛先との基本契約書・発注書・受注書・請求書などで確認することとなります。

ただ、これらの書類を捏造して持ち込まれる場合や、ひどいケースでは取引先と共謀して存在しない売掛金(売掛債権)を売却しようとするケースもあるのです。

売掛金(売掛債権)の存在を確認するために、複数の書類をファクタリング会社から求められることもありますが、実在することを証明するために必要なのでその点を理解して提出するようにしましょう。

 

まとめ

ファクタリングは保有する売掛金(売掛債権)を即日現金化できる便利な資金調達の方法です。銀行融資のように審査も厳しくなく、即日資金調達が可能となる迅速性の高さが魅力の手法といえますが、ファクタリング会社によって即日対応が可能にならないこともありますし3社間ファクタリングを利用する場合は即日現金化」は難しいと考えられます。

2社間ファクタリングのほうが3社間よりも手数料は高めに設定されますが、手数料の違いはファクタリング会社が負うことになるリスクの高さと認識しておいてください。

利用者も悪徳業者に騙され法外な手数料を請求するリスクを抱える反面、ファクタリング会社も利用者に騙されて架空の請求書など持ち込まれてしまう可能性がある取引です。

そのような事態に陥らないため、ファクタリング会社では適切な判断を行うための審査を行います。このときファクタリングリングを利用する上で審査に必要な書類の準備ができているかにより、即日現金化が可能になるか左右することとなりますので、事前に確認の上揃えておくようにしましょう。