ファクタリングで売掛金を現金化させて返済負担のない資金調達を


借金をせずに資金を調達する手法として、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法を用いる場合もあるようです。

ショッピング枠という与信を商品転売で現金化させる方法なので、簡単に現金を得ることができる手法ではありますが、カード会社の利用規約に違反する行為ですので発覚すれば利用が停止され、信用情報にも好ましくない情報が記載される可能性があります。

そこで、同じ現金化という方法を用いるのなら、現在、中小企業などで注目されているファクタリングを選択してみてはいかがでしょう。

 

ファクタリングとは売掛金を現金化する手法

ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社に売却して現金化させ、資金を調達する手法です。借り入れではないのでショッピング枠の現金化のように、資金調達後に代金を返済しなければならない手法ではありません。

本来入金される予定の売掛代金を、早期に回収する手法のため、資金繰りが悪化している場合にも改善させる方法として用いられることが多くなっています。

 

融資での資金調達は後の返済計画までが重要

中小企業が資金を調達する場合、もし借り入れを利用するのなら、できるだけ金利は安く、返済期間も長く設定して、返済負担に追われることのない方法を選びたいと考えるでしょう。

方法として考えられるのは銀行融資ですが、中小企業の場合には担保として差し入れる価値のある不動産や、保証人などが準備できなければ融資されないケースも珍しくありません。

それなら事業者向けローンを利用すればよいと思うかもしれませんが、高い金利設定に短い返済期間での融資となり、後の返済負担に苦しむことが予想されます。

しかしファクタリングであれば、すでに販売や提供した商品やサービスのうち、まだ回収に至っていない売掛債権を先に現金化する手法のため、後で返済負担に追われることはありません。

 

2社間ファクタリングなら取引先にも知られることはない

気になるのはファクタリングで売掛債権を現金化することを、売掛先に知られることはないかという点でしょう。

中小企業の場合は特に信用取引を重視するため、もし自社の資金繰りが悪化していると取引先に感じとられてしまえば、その後の取引に好ましくない影響が及ぶとも考えられます。

この場合、ファクタリングを利用する会社とファクタリング会社のみで取引を行う、2社間ファクタリングであれば、取引先に売掛債権を売却する事実を知られることはありませんので安心です。

 

借り入れ以外の方法で資金調達を考えているなら

資金繰りに悩んだとき、真っ先に借り入れによる資金調達を検討することが一般的かもしれませんが、お金を借りれば返済する義務を負うことになります。

返済計画を十分に立てた上で借り入れを利用し、それで資金繰りが好転すれば問題ありませんが、一時的に現金を得たことで安心してしまい、またすぐに資金繰りが悪化するというケースも少なくありません。

ファクタリングであれば、借り入れを行わずに現金を得ることができるので、後の返済負担に苦しむことなく資金調達が可能です。

もし資金繰りで悩んでいる場合や、借り入れ以外の方法で資金を調達したいと考えている場合には、ファクタリングを利用することを検討してみるとよいでしょう。