ファクタリングでお金が入金されるまでは何日かかる?


資金調達が必要になったときにファクタリングを活用するのなら、何日でお金が入金されるのかその日数が気になるところです。

ファクタリング会社選びの際にも、何日あれば売掛金の現金化が可能か比べることもあるでしょう。急いで資金が必要な場合、資金調達までの日数はできるだけ短いことが望ましいからです。

何日まてば現金化が可能かは、ファクタリング契約の種類やファクタリング会社によって異なります。ただ、そもそも迅速性の高い資金調達の手法であり、申し込みから買取代金が入金されるまで何日もかからないことが一般的です。

そこで、他の資金調達の方法と比較しながら、ファクタリングは何日あれば売掛金が現金化されるのか把握しておきましょう。

 

ファクタリングではなく銀行融資なら何日かかる?

資金調達の方法といえばまず銀行融資をイメージする方も少なくありませんが、揃える書類の量も多く審査も厳しいことが特徴です。

そのため資金調達まで何日かかるかというよりも、週や月単位で日数がかかると理解しておきましょう。

特に中小企業の場合、担保の差し入れや連帯保証人を求められることが多いと認識しておくべきです。

 

助成金・補助金で資金調達できるまでの日数は?

国や自治体などが制度として行っている補助金助成金の要件に合致すれば、返済不要の資金を調達できる可能性があります。

ただし多くの事業者が希望するため、作成しなければならない書類も難易度が高くその量も膨大す。

都道府県や市区町村、または政府関係機関に申請を行うこととなりますが、審査を通過し入金されるまでの日数は何日ではなく2~3か月はかかると考えておきましょう。

 

募集株式を発行して資金調達するなら何日必要?

募集に応じて株式を引き受けてくれる方に割り当てる株式が募集株式です。出資された資金は会社の純資産になるので返済する必要はなく、有効に事業資金として活用できます。

ただし募集株式を発行した場合には発行済株式総数の変更登記が必要となり、会社が株式を増やす場合には株主総会で承認を得ることになります。

そのため株主総会や登記申請期間も含め資金調達まで何日かかるか考えることになりますが、最低でも1~2か月は必要といえるでしょう。

 

ファクタリングで資金調達するなら即日?

ファクタリングは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがありますが、3社間ファクタリング売掛先に通知や承諾が必要なので即日現金化はむつかしくなります。

しかし2社間ファクタリングであれば売掛金を即日現金化できます。その理由は審査が比較的柔軟であり、契約を結ぶのも利用者とファクタリング会社だけなので無駄な手続きが必要ないからです。

資金調達まで何日もかけられないという場合、まだ回収できていない売掛金を保有しているなら担保や保証人もいらないファクタリングを選ぶことをお勧めします。