【2020.6更新】ファクタリングの種類を示す専門用語を事前に知りたいなら


ファクタリングとは、保有する売掛債権をファクタリング会社に売却し、期日より先に現金化することです。

いろいろな種類の売掛債権を保有していれば、すぐにファクタリングで資金調達に活用しやすくなるでしょう。しかしファクタリングにもいろいろな種類があるので、種類豊富な業界特有の専門用語などが理解できなければ、契約段階で担当者から説明を受けてもわかりにくいと感じてしまう可能性があります。

そこでファクタリングの種類を示す専門用語について、その種類ごとの内容などをご説明します。

 

種類をあらわす用語

まず買い取り対象となる債権にはいろいろな種類があり、それによって利用するファクタリングの種類をわけることができます。どのような種類があるのか、何の債権が対象となるのかは次のとおりです。

保証ファクタリング

売掛金や手形などの売掛債権の支払いに対して、保証料を支払ってファクタリング専門業者に保証してもらう取引です。

保証されることで、売掛先が倒産や経営破綻などで支払いできない状態に陥っも事業に支障をきたさないようにできます。売掛債権が回収できとなくなっても貸し倒れリスクはをファクタリング専門業者が負いますので、未回収リスクが高い売掛債権を保有しており保証が欲しいという場合に適しています。

買取ファクタリング

中小企業な個人事業主などが保有する売掛金(売掛債権)をファクタリング専門業者が買い取り、手数料分を差し引かれた金額を先に受け取ることができるという取引です。

銀行など金融機関から融資を受けるのとは違い、売掛金を売ってお金に換え資金を調達する方法が買取ファクタリングです。

似た手法に手形割引がありますが、手形も売掛金と同じ売掛債権の1つです。ただ手形割引の場合には、手形の振出人が決済日に資金難に陥り、不渡りを出してしまうと割り引いた手形を買い戻さなければならない点がデメリットです。

さらに手形割引は手形を売却し現金化させる手法ではありますが、融資としてみなされる点もファクタリングとは大きく異なります。

対するファクタリングの場合は、売掛先が倒産や経営破綻などに陥り、期日に売掛金の支払いができなくなったとしても、代金を弁済する必要はありません。そのため保証ファクタリングと同様に、貸し倒れリスクを回避する方法としても活用できることもメリットといえるでしょう。

なお、買取ファクタリングには2社間と3社間があり、即日現金化が可能となりやすいのは売掛先を含まず契約する2社間ファクタリングです。

債権のオフバンランス化キャッシュフロー改善なども図ることができる点も、買取ファクタリングのメリットです。

国際ファクタリング

日本の企業が海外に商品を輸出するときに利用するファクタリングです。輸出を行う際にその代金を確実に回収するため、世界各国のファクタリング会社が連携し、海外の販売先の信用調査を行って信用リスクを保証します。

 

取引に誰が参加するかによっても種類は分かれる

上記の中でも資金調達を目的とする買取ファクタリングは、債権を売却する利用者とファクタリング専門業者だけで取引を行う場合と、そこに売掛先も加わり取引を行う場合があります。

先に買取ファクタリングで述べた2社間と3社間という違いですが、売掛先が契約に加わり取引を行う場合とそうでない場合では、手数料負担の大きさにも違いが出てきます。

受け取る資金も大きく変わることになるので、ファクタリングで十分な資金調達につなげたいのなら、種類による契約内容の違いを理解しておくことが必要です。

3社間取引

利用者・ファクタリング専門業者・売掛先の3社が取引に加わるファクタリングで、債権が買い取られた後は、その後の売掛代金の回収やリスクなどはファクタリング専門業者に引き継がれる点がメリットです。

手数料も安く抑えることができますが、売掛先にファクタリングを利用することを知られる点はデメリットといえます。

2社間取引

利用者とファクタリング専門業者の2社のみで取引を行うファクタリングなので、売掛先に対する債権譲渡の通知や承諾などは必要ありません。

その分審査は迅速に行われ、資金を調達するまでのスピードが早く、即日現金化も可能となることはメリットです。ただし3社間よりも手数料は高めに設定されるため、十分な資金調達につながりにくくなる可能性がある点には注意しておきましょう。

 

ファクタリングの種類を事前に知っておくと安心

このように、ファクタリングの種類や仕組みを示す専門的な用語はいろいろあります。ファクタリングは審査も柔軟なので、中小企業や個人事業主なども利用しやすい手法といえます。

もしファクタリング専門業者に相談にいくなら、どの方法がもっとも資金調達に有効なのか、業界で使われる用語の意味も含めて知っておくと、相談や契約がスムーズに運びます。

はじめてファクタリングを利用する方は、普段耳にしない言葉が多いなど不安を感じることもあるでしょうが、わからないことはしっかり確認して納得した上で契約を結ぶようにしてください。