ファクタリングの種類を示す専門用語を事前に知りたいなら


ファクタリングとは、保有する売掛債権をファクタリング専門業者に売却し、期日より先に現金化することです。

売掛債権を買い取るファクタリング専門業者は、自己の危険負担により売却された売掛債権の代金を回収することになります。

資金をすぐに調達したいという場合に活用しやすい手法ですが、利用する上で専門用語が理解できず、担当者から説明を受けてもわかりにくいと感じることもあるかもしれません。

そこで、ファクタリング業界で使われることの多い、ファクタリングの種類を示す用語について、その内容をご説明します。

 

ファクタリングの種類をあらわす用語

まず、買い取り対象となる債権にはいろいろな種類があり、それによって利用するファクタリングの種類をわけることができます。どのような種類があるのか、何の債権が対象となるのかは次のとおりです。

保証ファクタリング

売掛金や手形などの売掛債権の支払いに対して、保証料を支払ってファクタリング専門業者に保証してもらう取引です。

それにより、売掛先が倒産や経営破綻などで支払いできない状態に陥り、売掛債権が回収できなくなる貸し倒れリスクをファクタリング専門業者が負います。

買取ファクタリング

保有する売掛金や手形などの売掛債権をファクタリング専門業者が買い取り、手数料分を差し引かれた金額を先に受け取ることができるという取引です。

もし売掛先が倒産や経営破綻などに陥り、期日に売掛金の支払いができなくなったとしても、代金を弁済する必要はありません。債権のオフバンランス化キャッシュフロー改善なども図ることができます。

国際ファクタリング

日本の企業が海外に商品を輸出するときに利用するファクタリングです。輸出を行う際にその代金を確実に回収するため、世界各国のファクタリング会社が連携し、海外の販売先の信用調査を行って信用リスクを保証します。

 

取引に誰が参加するかによっても種類は分かれる

ファクタリングは、債権を売却する利用者とファクタリング専門業者だけで取引を行う場合と、そこに売掛先も加わり取引を行う場合があります。

3社間ファクタリング

利用者、ファクタリング専門業者、売掛先の3社が取引に加わるファクタリングで、債権が買い取られた後は、その後の売掛代金の回収やリスクなどはファクタリング専門業者に引き継がれます。

2社間ファクタリング

利用者とファクタリング専門業者の2社のみで取引を行うファクタリングなので、売掛先に対する債権譲渡の通知や承諾などは必要ありません。

その分、資金を調達するまでのスピードが早いことがメリットですが、3社間よりも手数料は高めに設定される点には注意しておきましょう。

 

ファクタリングの種類を事前に知っておくと安心

このように、ファクタリングの種類を示す専門的な用語はいろいろありますので、もしファクタリング専門業者に相談にいくなら、ある程度それぞれの用語の意味を知っておくと相談もスムーズにできるでしょう。