ファクタリングの振込金額を左右する手数料に注意!


ファクタリングを利用するときに問題になるのが手数料の金額です。手数料がかさんでしまうとファクタリングの度に費用がかかってしまい、毎月の売掛金のファクタリングや毎月の支払いのたびに余計な費用が発生し、年間で換算すると大きな金額の差が生まれてくる事があります。ファクタリングの手数料について一度見直して見ましょう。

1ファクタリングの手数料に要注意!

ファクタリングで注意したいのが手数料です。ファクタリングは売掛金の現金化の度に手数料がかかるので、どれだけ手数料がかかるのかをしっかりと把握するのは非常に重要な事です。

ファクタリングの手数料は主に登記の費用やファクタリング企業への利益、印紙代などの様々な費用を合わせたもので、このファクタリングの費用を毎月合わせていると年間で非常に多くの費用がかかってしまいます。

ファクタリングの手数料は2社間ファクタリングや3社間ファクタリングのどちらかによって大きく費用が異なっています。ファクタリングを利用する時にはこのような手続きに関する費用をしっかりと考えていく事が重要なので、経営を考える時にはまずどのような形態のファクタリングを利用するか考えておきましょう。

2手数料の相場はこれくらい

ファクタリングの手数料は2社間ファクタリングで大体10〜20%程度、3社間ファクタリングで2〜5%程度と大きく異なっています。なぜこのような格差が生まれているのかというと、実は安全性が大きく異なっている事が原因です。

ファクタリングを利用するときに2社間のファクタリングで行う時にはファクタリング企業と売掛先企業の間に互いに連絡を取る事がなく、支払いを受けた資金をファクタリングを依頼した企業が支払うので、貸し倒れのリスクが高い取引になるので、そのリスクの分どうしても手数料が高くなってしまいます。

相手企業にファクタリングを利用している事が知れてしまいますが、3社間ファクタリングの方が手数料を抑える事ができるので、利用可能であれば3社間ファクタリングを利用して見ましょう。

3ファクタリングの手数料は現在低下傾向にある

ファクタリングを利用する時には手数料がかかってしまい、経費削減のために多くの方が手数料を参考に企業選びを行っていますが、ファクタリングの手数料は今後さらに費用が低くなると予想されています。過去のファクタリング手数料よりも徐々に手数料が安くなっている傾向が続いているので、今後は手数料以外の要素にも目を向ける事が大切です。手数料やサービスに気を使いながら適切な利用を継続して行きましょう。