キャッシュフローをマネジメントするために重要な3つの書類の内容


企業価値を向上させるためにはキャッシュフローをマネジメントして行くキャッシュフロー経営が必要となります。

損益管理を行うだけでなく、バランスシートやキャッシュフローを合わせた三位一体の管理体制により、事業や設備投資の評価や予算管理、業績評価といったマネジメントの仕組みを作っていくことが求められるでしょう。

ただ、決算書の読み方がよくわからないという経営者も実はすくなくありません。そこで、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書から何を読み取ることができるのか、その内容をご説明します。

 

損益計算書があらわすこと

売上は企業努力により得たキャッシュであり、費用はその売上をあげるために投入したキャッシュです。損益計算書を見れば、売上をあげるためにどのような費用にキャッシュを費やしたのか把握することができます。

売上から費用を差し引いた分が利益として記載されますが、収入の範囲で企業活動ができてれば黒字となり、出費のほうが多ければ赤字になるなど1年間の収支のバランスを把握することができる書類といえるでしょう。

 

貸借対照表から把握できること

1年間という事業年度が終了したとき、年度末にどのくらいの財産が残っているのか、その財産をどこから得たのか把握することができるのが貸借対照表です。

ただ、期末の一時点の数字であり、日々経営数字が変化する点は理解しておく必要があるのでしょう。

 

キャッシュフロー計算書の特徴

キャッシュフロー計算書は、1年間のすべてのキャッシュの流出入の状況を把握できる書類で、1年間の合計額という部分では損益計算書と同じです。

ただ、キャッシュフロー計算書では、キャッシュの動きに種類があることに伴い、営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローという3種類の区分に分かれて記載されます。

  • 営業キャッシュフローとは本業によるキャッシュの動きをあらわします。
  • 投資キャッシュフローは資産の売買によるキャッシュの動きをあらわします。
  • 財務キャッシュフローは貸借によるキャッシュの動きをあらわします。

キャッシュフロー計算書を見れば、損益計算書で把握できる本業での収支以外に、キャッシュの動きすべてを確認することができます。また、貸借対照表に記載される項目の変化なども把握できることが特徴です。

 

企業価値を向上させるキャッシュフローのマネジメントを

本業で稼いだキャッシュから将来に向けた投資分を差し引いた残りをフリーキャッシュフローといいますが、会社が保有しておきたい余裕資金の部分なので、このフリーキャッシュフローをいかに多く残せるかが円滑な資金繰りの鍵となるといえます。

企業価値を向上させることを可能とするキャッシュフローのマネジメントにおいても、損益計算書と貸借対照表、キャッシュフロー計算書の3つの書類をしっかり分析し、手元に多く余裕資金を残すことができるようなキャッシュフロー経営を心掛けていきましょう。