不適切なキャッシュ・フロー管理でビジネスが成り立たない理由とは


現金の収支の流れをキャッシュ・フローといいますが、ビジネスにおいて様々なタイミングで最終的にどのくらいのお金が残るか把握しておくことが必要です。

キャッシュ・フローが大きいほど、健全で安定した企業経営ができているとされますが、なぜキャッシュ・フローを重視した経営が大切なのか、管理が適切でなければビジネスが成り立たなくなるのかご説明します。

 

キャッシュ・フローのスキル不足は倒産を招く

企業経営においては、事業の収益性や経済的価値を判断することが必要ですが、この指標として用いられるのがキャッシュ・フローです。

ビジネスの指標として用いられるということは、どのようにキャッシュ・フローを改善させていくかが重要です。

優れたビジネスであり利益が多く出ていたとしても、キャッシュ・フローの管理が適切でなければ、いずれ倒産という最悪の危機に直面することになります。
倒産する企業のほとんどは、このキャッシュ・フローに対するスキルが不足しているといっても過言でないくらい、ビジネスに及ぼす影響は大きいといえます。

 

ビジネスが成長するときこそキャッシュ・フローが重要!

新規でビジネスを始め、早く発展させたいと先急いだときや、成長過程にある場合などは、先に投資を行うことになるので十分なキャッシュを保有できていないことは珍しくありません。仮に不足が生じても、余裕資金があればそこから補うことができるでしょうが、なければ何らかの方法で調達する必要が出てきます。

事業を始めて数年間は、急成長できるかどうかの瀬戸際となり、キャッシュ・フロー管理が最も重要な時期といえるでしょう。

もしキャッシュ・フロー管理が行われておらず、手元の資金が底をつけば、せっかく出ていた利益も水の泡となり、事業をたたむしかなくなってしまいます。

手元の資金が枯渇しないためにも、ビジネスにおける適切なキャッシュ・フロー管理を行って行きましょう。

 

抜け目ないキャッシュ・フロー管理を実践したいなら

特定の期間で発生するキャッシュの流出入を把握する上で、将来訪れる支払いのタイミングに不足が生じない管理が重要となります。

たとえばいつ売掛金がいくら入金されるか、その前に訪れる支払い日とその金額を認識しておかなければ資金不足に陥りやすくなってしまいます。

1か月先ではなく、3か月や半年先まで予測を立て、ビジネスにおける資金不足に陥らない状態を作っておくことが重要です。

売掛先ごとの売掛金の発生と入金予定日を別途管理し、資金繰り表などで仕入れや給料、その他固定費や経費の支払い金額と支払い予定日とあわせて管理していくようにしてください。