経営の基本を再確認!キャッシュフローと特別損益の基本!


キャッシュフローを考えることで経営方針を決定したり、経営状態の把握を使用と努めるのは企業経営の基本です。キャッシュフローを考えるときに特に注意しておきたいのが特別損失とキャッシュフローの関係です。キャッシュフローの改善を考えるときにはキャッシュフローに関連する様々な要素を把握することが非常に重要です。キャッシュフロー把握に役立つ特別損失に関する基本的な知識を身につけておきましょう。

 

1特別損益とは何?

特別損益という言葉をみなさんはご存知でしょうか。特別損益というのは企業が普段通りに経営を行っている状態では直接関わることのないその会計期間だけに発生した特別な利益の事を言います。通常行われている事業から発生している経常利益とは異なり、企業が該当期間の間に特別にあげた利益になるので、特別損益の算定はあまり頻繁に起こるものではありません。このため、特別損益が発生したタイミングで経営状態がどのようになっているのかをしっかりとキャッシュフローを通じて把握することが非常に重要になります。

特別損益が大きくプラスに傾き、利益が増えたとしても実は経営状あまりいい状態ということはできません。特別損益というのは経常利益と異なり、企業の基礎体力となる事業の力を測る指標にはなりません。このため、特別損益が大きなプラスになったときには利益の性質と金額の寡多について確認するようにしておきましょう。

 

2キャッシュフローにどのように影響を与えるか

特別損益を通じて資金の移動が起こる例として知っておきたいのが固定資産の売却益や売却損失です。特別損益が発生した結果、資金の移動が起こり、投資キャッシュフローに利益が流れ込んできたときにはキャッシュフローがプラスに傾きます。又、長期的に企業が保有している債権から利益が起こったときにも財務キャッシュフローに変動が起こります。

企業内で保有している株式や不動産の売却によって利益が発生するというのはあまり頻繁に起こる物ではないのですが、企業にとって非常に重要な資金の変動です。キャッシュフローとの関係についてよく理解しておきましょう。

 

3キャッシュフローの把握は企業経営に役立つ

キャッシュフローの把握をすることで企業内部の資金がどのように流れているのかを把握することができます。キャッシュフローが低害している部分は資金の流れが悪くなっているので、改善の必要がありますし、企業内の資金の出入りの状態がわかると経営改善の指標になります。

キャッシュフローの改善をしようと思うときにはファクタリングなどの手段を講じるとキャッシュフローの改善が期待できます。しっかりとキャッシュフローを理解した経営を行うようにしましょう。