キャッシュフローを良くするにはどうしたらいいの?


キャッシュフローを改善するのは非常に難しいポイントでしょう。キャッシュフロー計算書の状況が悪い時に取るべき対応やキャッシュフローの悪化を防ぐための方策などを理解しておくと経営の状態改善に役立ちます。しっかりと経営方針を固める事ができるように、キャッシュフロー改善の基本を理解しておきましょう。

1キャッシュフローの悪化の原因

キャッシュフローが悪化している原因は資金の不足と資金の停滞です。資金が不足していると営業・財務・投資の3つのキャッシュフローのうち、流れがいい部分に資金が流れ込んでしまい、どうしても資金の流れのバランスが悪くなります。資金の流れは電流の流れや水の流れと同じように考える事ができ、流れが悪い部分と流れがいい部分があると流れのいい部分に資金が流れて行きやすくなり、特に資金が不足した時にはこのバランスの管理と資金の分量の管理が重要になります。

資金の流れが一箇所だけ停滞している場合にはこのような流れを解消するために流れの悪い部分を見出し改善しておく必要があります。流れの悪い部分を改善するためにはまず流れが悪くなる原因にしっかりと対処する事が重要なので、対応策を考えておきましょう。

 

2資金の分量管理

資金の分量を増やすためには融資などの方法もありますが、不要な資産の売却も試しておきたい方法です。保有しているだけで利益につながる可能性の少ない資産でも、売却しておく事で資金に帰る事ができます。会社保有の車や会社保有の土地・建物も利益を生み出すように活かして初めて財産と言えます。十分にお金を生み出す事ができないのであれば、このような資産を売却し支出を減らした上で資金確保に至るのがいいでしょう。

 

3ファクタリングで現金を確保

ファクタリングを利用して資金の確保を行うのも非常に優れた方法です。売掛金が発生した時に現金に売掛金を帰る事ができるのがファクタリングのメリットです。ファクタリング企業に売掛金の買取を依頼した後に審査を受け、その後売掛金の買取をしてもらう事で現金を手に入れるのがファクタリングの進め方で、早い場合では審査から即日で現金が手に入ります。

経営上早急に資金が必要になった時にこのような現金獲得手段を持っていると経営に非常に役立つのではないでしょうか。ファクタリングは審査から支払いまでの日数や手数料が企業によって大きく異なっています。ファクタリング企業をあらかじめ選んでおくといざという時の資金確保に役立つので、しっかりとファクタリング企業を選んでおきましょう。