キャッシュフローを改善させるためにはどうすればよい?


キャッシュフローを改善したくてもできず悩んでいる企業などは少なくありません。実際キャッシュフローは簡単に改善きるわけでなく、キャッシュフロー計算書が悪化しているときの対応やキャッシュフローの悪化を防ぐ策などを理解しておくことが必要です。

会社経営に必要なお金が不足しないように確保し続ければ、キャッシュフローも理想的な状態で保つことが必要できるはずです。そこで、キャッシュフロー改善のためにはどのようなことに注意しておけばよいのか理解しておきましょう。

キャッシュフローが改善されない理由

キャッシュフローが悪化している原因は資金の不足と資金の停滞です。

資金が不足していると営業・財務・投資の3つのキャッシュフローのうち、流れがよい部分にばかり資金が流れ込むこととなるので、どうしても資金の流れのバランスが悪くなります。

資金の流れは電流や水の流れと同じように考えることができるので、流れが悪くなれば資金の流れも悪化し、流れがよい部分にはお金も流入しやすくなるものです。

資金が不足した時にはこのバランスと資金の分量の管理が重要と考え、資金の流れが一箇所だけ停滞している場合、流れが悪くなっている理由を洗い出して改善できる点から見直していきましょう。

状況によっては銀行からの借入金についてリスケジュールを依頼するといったことも必要になる可能性があります。取引銀行の担当者とも相談しながら、返済負担が重くならない方法を検討していくようにしてください。

 

資金の分量管理

資金の分量を増やすためには融資などの方法もありますが、不要な在庫などを売却することも試していきたい方法です。

過剰な在庫は保有しているだけで管理にコストがかかりますし、時間が経過することで当初と比較したときその価値は低下していきます。

たとえ売却したとしても利益はでないと考えられる資産でも、売却するなど処分すれば一定のお金を手にすることができますし、管理費用など余計なコストを増やさずすみます。

休眠している土地や建物などの不動産や使わない営業車両、付き合いで購入した有価証券などは利益を生み出すように活かすことができて財産としてみとめられるものです。

単に保有しているだけでお金を生み出す効果が期待できないのなら、思い切って売却し現金化して資金を確保することを検討したほうがよいといえます。

キャッシュフロー改善のためにファクタリングを使う

ファクタリングを利用して資金の確保を行うのも非常に優れた方法です。ファクタリングは保有する売掛金(売掛債権)を売却して現金化させ資金調達する方法で、入金まで時間がかかる売掛金(売掛債権)を保有し続けることによる資金不足を解消できます。

ファクタリング会社に利用の申し込みを行い、審査を受けて売掛金をいくらで買取ってもらえるか見積もりを出します。その金額で納得できれば売却し、ファクタリング会社によっては即日現金化によりお金を手にすることが可能です。

経営上、早急に資金が必要という場面でもファクタリングなら迅速な対応が可能であり、資金繰りが悪化しているときでも取引先から売上代金の回収を待つことなく前倒しでお金を受け取ることができます。

そもそもファクタリングは資金繰り改善の手法として用いられることも多いため、もしキャッシュフローが悪化していることに悩みを抱えているのならうまく活用することをおすすめします。

ただしファクタリングは審査から現金化されるまでの日数や、設定される手数料がファクタリング会社により大きく異なります。信頼できるファクタリング会社を選び、いざというときの資金調達やキャッシュフロー改善に役立てることのできる業者を選びようにしてください。