キャッシュフロー計算書の基本!優良企業はどんな状態?


キャッシュフローの分析は企業経営で欠かす事ができない非常に重要なポイントです。キャッシュフロー計算書の基本を理解するにはどのような状態が望ましいのかしっかりと理解する必要があります。キャッシュフロー計算書の基本を理解しておきましょう。

1キャッシュフロー計算書の基本

キャッシュフロー計算書は営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローの3つの要素を基本に成り立っていて、この3つのキャッシュフローがどのような状態になっているのかで企業の状態を理解する事ができます。

まず。キャッシュフロー計算書を考える上でかかせないポイントが営業キャッシュフローの大きさです。営業キャッシュフローが十分に大きくなっている事が企業経営の基本で、このような状態が保たれていれば営業活動によって資金を獲得し続ける事ができます。

まずは営業キャッシュフローがどれだけの大きさになっているのかをしっかりと確認して基本的なキャッシュフローの分析ができるようにしておきましょう。

 

2優良企業かどうかの見極め

優良企業になっているのか、それとも事業の状態がまずく、経営方針を変更しなければいけないのかという判断は投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローとの比較が重要になります。

まず、優良企業のキャッシュフロー計算書の基本は営業キャッシュフローが投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローの数字の合計を大きく上回り、この二つの数値のマイナス分を営業で補っている状態が非常に優良な状態と言える事ができます。投資を行い企業の成長の土台を作り、財務活動が活発になり、借金の返済が進展し、なおかつ黒字が出ているという非常にいい状態なので、まずはこのような状態を目指す事が重要です。

しかし、常にこのような状態が維持されているのが本当に優れた経営状態だというわけではありません。しっかりと他の指標との比較が必要です。

 

3キャッシュフローは常に注意したい

キャッシュフロー計算書は事業転換のポイントや企業が成長するポイントによってその指標が変わってきます。常に優良企業の状態を維持していると企業が成長できなくなってしまい、事業の状態を変化させるのが遅くなってしまいます。キャッシュフロー計算書はあくまでも単なる指標であり、この数値を目標に経営を行ってしまってはいけません。キャッシュフロー計算書の数値を改善することを前提に経営しないようしっかりと注意しておきましょう。