経営者必見!キャッシュフローの注目ポイントはここだ!


キャッシュフローを考えるときに皆さんは何を考えているでしょうか。キャッシュフロー計算書というのはキャッシュフローの項目ごとにどの様になっているべきなのかを把握して考える事が非常に重要です。キャッシュフロー計算書の基本的な着眼点についてしっかりと注目する様にしておきましょう。

 

1キャッシュフロー計算書は見所が大切

キャッシュフロー計算書を把握するときにはまず、見どころを抑えて利用する事が非常に重要だと言われています。キャッシュフロー計算書は営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローの三種類の観点に分類されていて、まずは一定期間のキャッシュフローを分析する事が重要です。人区間のキャッシュフローがどの様な結果であったのかを分析する事でキャッシュフローの状態を正確に把握する事ができます。

営業キャッシュフローがプラスに推移し、投資キャッシュフローと財務キャッシュフローがマイナスに推移していることをまず確認する事が非常に重要で、投資キャッシュフローがプラスになっている場合には投資した土地の売却などの投資対象を手放している可能性があるので、プラスになっている場合には注意しておきましょう。

 

2キャッシュフロー計算書を見比べる

キャッシュフロー計算書を考えるときにはどのタイミングのキャッシュフローなのかを把握しておく事が非常に重要です。キャッシュフロー計算書を異なる連続した期間で見比べる事で、その企業の活動がよかったのかどうかを正確に把握する事ができます。キャッシュフロー計算書の結果を見比べ、キャッシュフローの改善が見込まれたときにはその改善の原因を分析し、キャッシュフローの悪化が見られる場合にはその様な状態を改善するために原因を解決して行きます。

一つの期間だけのキャッシュフローを確認するのではなく、複数の期間を同時に見比べ、適切な応対をする様にしましょう。

3キャッシュフロー計算書を有効活用しよう

キャッシュフロー計算書を作り、複数の期間を把握するのは実は非常に大きな意味があります。損益計算書や資金繰り表というのは企業のある時点での状態を表す検査権あであるのに対し、キャッシュフロー計算書はその期間で行われた経営や、企業の活動が正しかったのかどうかを判断する成績表な役割を果たしています。

しっかりと経営を進める上で。キャッシュフロー計算書は欠かす事ができない非常に重要なポイントです。基本的な知識を身につける様にしておきましょう。