キャッシュフローの現在価値と将来価値について


皆さんはキャッシュフローについてしっかりと基本的な理解ができているでしょうか?キャッシュフローというのはしっかりと使い方を理解しなければ適切な利用ができなくなってしまいます。しっかりとキャッシュフローを考えると会社の状態把握や会社の適正な価値を理解する事ができます。基本的なキャッシュフローの捉え方を理解しておきましょう。

1キャッシュフローの数字は鵜呑みにできない

キャッシュフローというのは会社に流れ込む資金と流れ出す資金に着目した経営上欠かせない数字ですが、会社の数字をしっかりと理解する事でキャッシュフローを最大限に理解して活用する事ができます。

キャッシュフローを考えるときに実は皆さんに気をつけてもらいたいポイントとして現在価値・将来価値という考え方があります。未来に受け取る資金が現在どれだけの価値があるのか、今のキャッシュフローが将来にどれだけの価値があるのかを理解しておくと非常に役立ちます。

この数値は割引率という考え方を使って計算する事ができるのですが、しっかりと計算法と数値の理解の仕方を理解しておくと役立ちます。キャッシュフローについて適切な知識を身につけておきましょう。

2割引率って何?

割引率というのはキャッシュフローの現在価値や将来価値を計算するために用いる利率のようなもので、キャッシュフローを適切に理解するための重要な指標です。

割引率というのは資金の性質や売上の状態などによって左右される数値で、特定の数値としてではなく、幅のある変動可能性のある数値と考えると良いかもしれません。

見方によってはリスクコントロールの指標と捉えることもできるので、割引率についてしっかりと理解をするようにしましょう。

 

3現在価値と将来価値

キャッシュフローの現在価値と将来価値は目の前にある資金と遠い未来の資金の価値を現在把握するための指標で、うまく活用すると資金コントロールをうまく進める事ができます。

未来の100万円が現在価値に換算すると90万円しか価値がない場合にはこの資金はしっかりと保有し続け価値が上がるのを待たなければいけませんし、現在の100万円の売掛金が将来に80万円の価値しかないのであればファクタリングなどの売掛金の現金化手段を使って資金を獲得する必要があります。

キャッシュフローの実用を把握するためにはこの現在価値や将来価値を適切に把握して、資金管理を徹底しなければいけません。資金コントロールが必要な場合にはファクタリングや手形の割引などの資金の管理法を欠かす事ができないので、しっかりと資金の有効活用を考える事が非常に重要です。資金管理の知識を身につけて経営に活かしましょう。