キャッシュフロー計算書の注目点を経営に活かす!


キャッシュフローの分析をする上で欠かす事ができないのが費用とキャッシュフローの関係です。キャッシュフローを経営に生かすためには損益計算書との違いに着目する事が非常に重要で、このポイントには実は費用の捉え方の差が非常になってきます。しっかりと基本的な知識を理解しておきましょう。

 

1損益計算書とキャッシュフロー計算書の違い

キャッシュフロー計算書は文字通り、キャッシュのフローつまり現金の流れを見るもので、貸借対照表が会社の一時点の状況を把握するための診断結果なのに対して、キャッシュフロー計算書は会社の長期間の活動に対する業績をみる成績表のような立ち位置を占める分析書です。

キャッシュフロー計算書と貸借対照表を有効活用すると会社の経営を向上させる事ができます。しっかりと経営に活かせるように基本的な知識を身につけましょう。

2キャッシュフロー計算書の活かし方

キャッシュフロー計算書はお金の動きに着目したもので、貸借対照表などでは把握できない資金の流れを明確にする働きがあります。会社の取引では売掛金や買掛金というのが損益計算を行った結果売り上げとして算定する事ができるのですが、実際には資金が入り込んでいるわけではありません。このような資金の流れが原因で起こる差額を回避するためにもキャッシュフロー計算書を利用して実際の資金の分量を把握する事が重要なのです。

3キャッシュフロー計算書を利用した経営のメリット

キャッシュフロー計算書を見るときのコツとして皆さんに理解しておいてもらいたいのが営業キャッシュフローと投資キャッシュフローのバランスです。営業キャッシュフローの値を大きく伸ばし、企業に入り込む資金を向上させるためにはある程度の投資を避ける事ができないのですが、この投資が過剰になりすぎると資金の回収に支障をきたしたり、資金不足で経営を悪化させてしまいます。このため、資金回収に困るような過剰な投資を行うためにはまずバランスをしっかりと考えて投資を行う事が重要です。営業キャッシュフローがある程度大きいのであればその大きさに合わせて投資の幅を決め、どれだけの期間でその投資を回収し資金を増やすのか考えなければいけません。

キャッシュフローを考えるときにはこのようなどのタイミングで流出資金を回収するかといった一時的な観点だけでなく、長期的な観点で分析を行う事が非常に重要です。キャッシュフロー計算書の見方を身につけ、適切な経営を考えるようにしましょう。