キャッシュフロー計算書が合わない!原因分析の着眼点


キャッシュフロー計算書の金額が合わないなんてことないでしょうか?キャッシュフロー計算書の基本を理解するとキャッシュフローの不一致の原因を解明できます。しっかりとキャッシュフローの基本を理解しておきましょう。

1キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフローというのは簡単にいうとお金の流れのことです。実際にお金がどのように流れ込み、どのような過程でお金が出て行くのか、どこにお金が使われているのかなどをしっかりと分析していくと経営に役立てる事ができるので非常に重宝されています。

掛取引を行った場合には実際に資金が入っていないにも関わらず売上としては計上されているので、損益計算書などでは実際の経営状態を把握する事ができません。キャッシュフローを把握する事でお金の実態を理解できるのでしっかりと計算して行きましょう。

2キャッシュフローの注目点

キャッシュフロー計算書を利用する時にはまず、キャッシュフローを計算しなければいけません。キャッシュフロー計算書は営業・投資・財務の3つのキャッシュフローからできていて、このキャッシュフローの値を見る事でどのような方向に資産の運用が行われているのかを確認する事ができます。

キャッシュフローを計算する時には近年ではエクセルや会計ソフトを利用する事が多いと思うのですが、気づかぬ間に計算が狂ってしまうのが経営では良くある事です。キャッシュフロー計算書を有効活用できるように、しっかりと計算の仕組みにまで理解をしておくことが重要です。

エクセルを利用している場合には問題ないのですが、会計ソフトを利用している時には一度計算式まで把握するように務めましょう。

 

3合わない時には入力ミスを見つける

キャッシュフローの値が合わなくなったと気がついた時には原因分析が重要です。エクセルを利用していても会計ソフトを利用していても根本的な数値の入力ミスが原因でキャッシュフローが合わなくなることは良くあるものです。このほかにも、売上高と現存資産を誤解して入力してしまったりするとキャッシュフローが合わない原因になってしまいます。売上と資金の不一致にはファクタリングなどの売掛金の現金化を利用して対応することができるので、キャッシュフローの計算の面倒さを解消するのにファクタリングを有効活用してもいいかもしれません。しっかりとキャッシュフローを活かした経営ができるように、キャッシュ風呂0計算書の実態を理解するようにしましょう。