キャッシュフローの間接法って何?経営に活かす基礎知識!


経営で欠かせないのがキャッシュフローの評価と基礎知識です。キャッシュフローの表示には直接法と間接法の2通りがあります。実際には間接法を使ったキャッシュフローを多用されている事だと思います。キャッシュフローの基礎知識を身につける事によって、経営にも役立つことでしょう。キャッシュフロー 計算で知っておきたい間接法について、基礎知識をご紹介致します。

1直接法とは何か

直接法のキャッシュフロー計算書というのは資金の流入と資金の流出の流れをわかりやすくするために作成されるもので、資金の流入と流出を直接足し引きして表すものです。

資金の流入と資金の流出を直接キャッシュフローの表の上で足し引きして求められるものなので、その企業の会計期間内の営業キャッシュフローを表す一番簡単なものと考えるといいでしょう。

直接法は営業キャッシュフローに記載されるキャッシュ項目それぞれの収支が記載され、全体の収支がどのようになっているのかを把握しやすい表示形式になっています。将来的な予測を行う上で非常に役立つものでしょう。

しかしながら直接法は間接法よりも作成に時間がかかるという問題もあり、また利益とキャッシュフローの差額の原因がわかりにくいというデメリットもあります。性質をよく理解して利用するようにするといいでしょう。

2間接法とは何か

間接法というのはキャッシュフロー計算書のヒョ油時を行う際に、損益計算書の純利益を起点にして調整を加えていく方法で、損益計算書で記載される利益と資金の関係を明確にすることができるというメリットがあり、作成も簡単で低コストにすませることができます。

一方、キャッシュフローを生み出す個別の項目の状態がどのようになっているのかを明確に把握することができないので、必要に応じて直接法キャッシュフロー計算書を活用することが望ましいでしょう。

3間接法のメリットを活かす為には

間接法は資金繰りの予測を立てるのに非常に役立ちます。企業というのはキャッシュが回らないことで倒産の危機につながるので、キャッシュフロー計算書のフローインの項目とフローアウトの項目を理解し、会社内でどのように資金を活かすか考えるだけで経営の安定化を測ることができます。

小規模な企業が成長を遂げて大きな企業になるためにも、中規模の企業がより収益をあげて経営を安定化させるためにもキャッシュフロー計算書を活かした経営を心がけてみましょう。