事業資金確保と連帯保証人の関係!本当に必要ですか?


事業資金を確保するときに問題になるのが連帯保証人の存在です。事業資金確保の際に連帯保証人が必要になるのは多くの企業の方にとって非常に大きな負担だと思います。連帯保証人は融資を受けたり借金をする際に欠かすことができないものですが、連帯保証人を立てるのはなかなかできるものではありません。事業資金融資に本当に連帯保証人が必要なのかどうか皆さんにご紹介いたします。

1連帯保証人は必ずしも必要じゃない

事業資金を集める時にまず、みなさんにご理解していただきたいのが連帯保証人は必ずしも必要ではないということです。事業資金を確保する際には融資などの方法をとったり、社債の発行を行ったりと様々な手段がありますが、連帯保証人を必要としない手段も数多くあるので、連帯保証人は必ずしも必要なものとは限りません。

連帯保証人が必要ない事業資金の獲得法にはベンチャーキャピタルやファクタリングの利用が挙げられます。それぞれの特徴を理解しておきましょう。

2ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルというのは企業に対して投資を行い、その利益を回収することで利益を上げている企業で、欧米では今や当たり前の事業資金獲得方法です。日本では今だに銀行からの資金調達が事業資金確保の主体となっていますが、斬新な着眼点の企業や、他の企業ではできないような技術を保持している企業はベンチャーキャピタル起業からの投資を受けると事業資金確保が容易になります。

ベンチャーキャピタルから投資を受けるということはそれだけ自社の事業の自由度が下がり、利益をあげるように経営方針を転換したり、様々な改変を受ける可能性がありますが、その分大きな資金を確保するのに役立ちます。事業資金の確保を考える時にはベンチャーキャピタル企業からの投資も検討してみましょう。

3ファクタリング

ファクタリングも代表的な事業資金獲得手段です。ファクタリングを利用することで、事業資金を安定して確保することができます。ファクタリングは売掛金を早期に現金に変換するサービスで、日本で数多くの企業が利用する当たり前の事業資金確保手段となりつつあります。ファクタリング企業を選ぶ時にはまず、手数料や支払いまでのスケジュールの確認が非常に重要ですし、2社間ファクタリングや3社間ファクタリングなどの利用方法をよく理解しなければいけません。ファクタリングは非常に便利な事業資金獲得手段なので、緊急の資金確保についてしっかりと確認しなければいけません。基本的な知識を身につけて、事業資金の確保を行うようにしましょう。