事業資金の借入は低金利を狙うことが重要に!


事業資金の借入を検討しているなら、どのような場面でも低金利を考えたいところです。高い金利で借りていると、返済額が非常に高くなってしまいます。使っていく企業によって、金利が変わってしまうことに気をつけて、低金利を狙っていくといいでしょう。

銀行が一番低金利を狙える

事業資金を借りられる会社の代表は、やはり銀行になります。事業のお金を融資してもらうため、審査を受けて大金を出してもらいます。地方の銀行でも、数百万円程度の融資を受けられるようになっていますので、困っている時には活用しやすいです。
審査が一番厳しい傾向にはありますが、低金利で借りられます。銀行が設定している金利は、他の会社に比べると低く、ちょっとした融資でもあまり利息を支払わなくていいです。
低金利で借りたいと思っている場合には、銀行から事業資金を出してもらうことが望ましいです。ただ、審査を通過できないと融資は受けられないので、安定した業績などが必要となるでしょう。

信販会社や消費者金融も事業資金は受けられる

クレジットカードを発行している信販会社の一部や消費者金融は、事業資金用のローンを提供しています。事業資金に活用できるローンでも、審査があまり厳しくないので、企業によっては安心できる要素が多いかもしれません。
しかし、金利の面ではかなり高い数字を付けられてしまいます。消費者金融の場合は、キャッシングのサービスと同じくらいなので、最大の18%を付けられる可能性もあります。返済額が相当多くなってしまえば、経営にも影響を及ぼしてしまいます。

ファクタリングの活用も検討しよう

返済する期間によって、低金利だったとしても利息の支払いが多くなります。多くの利息を支払いたくない場合は、事業資金を色々な方法で得ていくことも考えてください。
ファクタリングを活用すると、事業資金を得られるようになります。金利という概念ではなく、手数料を一括で支払う方法となりますが、長期間借りるわけでもないので、低金利で借りていることと同じ状態を作れます。契約内容次第では、事業資金を低金利で借りていることと同じ状態になります。

色々なサービスを比較して低金利へ

金利が低いことを前提として、色々なサービスを比較していくのが望ましいです。高金利のサービスを使ってしまい、支払いの影響を強めてしまうのはよくありません。
少しでも低金利に、そして審査を通過できるだけの安定感を持ってから、事業資金の融資を依頼するといいでしょう。