売掛債権早期資金化事業

新たな資金調達手法を、
すべての中小企業支援に

お客さまが保有する売掛債権を当社が完全買い取りすることで、
本来の支払い期限日よりも早く現金化する仕組み。
融資が受けられない、資金不足懸念がある等の際、
安心して利用できる資金調達方法と言えます。

選べる2通りの資金調達方法

case 1

3社間取引

まずは貴社とお取引先さまを交えた3社間での売掛債権早期資金化サービスです。
経済産業省中小企業庁では、中小企業者が不動産担保に過度に依存せずに資金調達ができるように売掛債権譲渡により資金繰りを勧めています。しかし、認知度の低さから、売掛債権の利用について売掛先(取引先)等から資金繰りが厳しいのかと言われ、ご利用により風評被害が発生することが心配というお声を聞きます。
そこで当社では売掛先への説明などの代行やお客さまに同行するなどの徹底したサポート体制を整えております。
売掛金ご請求のお取引先さまに不安に感じていただくことを解消し、二人三脚で資金調達を実現する。この強みこそがPMGの3社間早期資金化なのです。

case 2

2社間取引

次に、弊社と貴社、2社間での売掛債権早期資金化サービスです。
取引先への通知をせずに取引を行うことができるため、信用を失わずに売掛金の現金化ができるのが強みです。弊社では簡易的でスピーディーな審査を行っておりますので、売掛債権早期資金化サービスの強みである「最短即日」での資金調達が可能です。PMG独自の取り組みにより、多くの企業の期待に応えられるよう努めています。

PMGの考える売掛債権早期資金化

PMGは適切な
売掛債権の早期資金化を
ご提供します。

売掛債権早期資⾦化サービスは、
欧⽶では通常の資⾦調達⽅法として定着し、
⽇本も遅ればせながらようやく⺠法が改正され、
正しく導⼊できる未来がやってきました。
⼀⽅で、いわゆる「融資」に該当する違法⾏為とされる
売掛債権早期資⾦化サービスや、
他社債権を充当する等の⾏為が⾒受けられます。
わたしたち PMG は安⼼してご提供できる
売掛債権早期資⾦化サービスのみを扱ってまいります。

メリット・デメリットを理解したご利用を

相互にメリット・デメリットがございます。
2社間では最短で資金調達が実現する反面、買取率が低く(取引手数料が高く)、また審査も厳しいものになります。
一方3社間MARは日数こそかかるものの、充実したサポートにより、高い買取率で資金調達を実現することができます。
詳細は下記の図表をご確認ください。

資金調達シミュレーション

売掛債権早期資金化サービス買取率シミュレーション

売掛金をクリックしてください。買取率とお客さまの資金がシミュレーションできます。

買取率
98%
お客さまの資金
49982944909801,960万円

最大2億円までの事業資金をサポートしております。
それ以上の金額の際もご相談下さい。
※買取率は審査次第で98~92%となります。

これまでの実績

【東京商工リサーチ調べ】 独立系ファクタリング 企業売上 No.1*

*株式会社東京商工リサーチ調べ *調査対象時期 2022年1月時点