ご利用事例

2022.05.13 / 最終更新日:2022.05.17

静岡県で解体業を営むお客様のご利用事例

いつも今日のPMGをご覧いただき誠にありがとうございます。

本社第一営業本部の佐藤智信です。

 

 

今回の弊社の売掛債権早期資金化サービスの利用経緯として、

コロナウイルスの影響での現場ストップなどによる売上高の低下や税金の支払いにて

コストのしわ寄せがきており、建設業では基本的に材料、

下請けへの支払いが先行しているので支払日に資金がショートしてしまったと言いうところから

今回の利用につながりました。

 

お話をお伺いしていると、普段資金がショートしているときは銀行に相談して融資を打診して枠内であれば

いつでも貸してくれるというお話まであったそうです。

創業からいままで長い間ご利用だったメインバンクだったそうですが、

コロナウイルスの影響から売り会下低下や連続赤字などにより評価が悪くなり、

信用していた銀行に借りていた傘を取り上げられてしまったそうです。

 

お問合せから2日後に資金が必要という状態だったので、

私としましても最優先で審査まで進めさせていただいた結果、

審査書類をいただいた当日には審査が通り支払いの前の日に着金できました。

 

今回は一度のみのご利用となりましたが、お客さまの売上の低下の相談も同時に受けておりました。

 

ご要望は何でも壊せるから現場が欲しいということでした。

他のお客様で下請けを探している静岡県内のマンション解体工事と、

一般住宅の解体工事を紹介していただける不動産会社からのお仕事もご紹介させていただきました。

 

弊社ご利用について資金調達から現場の紹介まで、お客様に大変満足していただきました。

 

支払いが詰まった時にはまたご利用していただけるという大変ありがたいお言葉もいただきました。

 

PMGは資金調達だけでなくお客様の経営の根本的な改善から販路拡大まで

経営に関する多くのことに相談に乗らせていただきます。

 

小さなことでも構いません、弊社になにかお役に立てることがありましたらご相談ください。

 

よろしくお願いいたします。

最後までご覧いただきありがとうございました。