ご利用事例

2022.06.10 / 最終更新日:2022.06.14

【ご利用事例】卸売業のお客さま適切なタイミングの利用で事業拡大に成功

PMG株式会社の赤津です。

本日は卸売り会社様のご利用事例A社をお伝えさせていただきます。

まだ設立が浅く、創業融資は実行されたが事業融資を受けるだけの実績がない会社さまとの契約事例となります。

私は卸売業と売掛債権の早期資金化は個人的にとても相性がいいと感じております。

この度は機械を製造元から仕入れ、自社製品としてOEMの形で卸している会社さまが売掛金のサイトが長い、

もっとキャッシュがあれば商品を回せる速度があがり、売り上げが立つとのことで売掛債権の早期資金化を検討していただきました。

 

売掛サイトの日数は仕入れた月の末に請求額が確定して入金は翌々末。

約60日サイトで仕事をしていました。

 

A社の商品自体は発表以来かなり好調に卸せていて受注はひっきりなしに来る状態。

ただ売掛金のサイトも長く、入金を待っての仕入れを繰り返しているうちに受注に応えられなくなる日々が続いていたみたいです。

なぜかというと受注ロットが大きくなればなるほど先出のお金がかかってしまうからです。

 

そこで、弊社にお問い合わせをいただき、純利益に対しても売掛債権を早期資金化して回転させたほうが

圧倒的に仕事効率と売り上げが上がることがわかり、積極的にご利用いただいております。

 

いまの月商はご利用開始時と比べ倍以上になっており、とても喜んでいただいております。

 

 

急場の資金調達としての活用はもちろんのこと、計画的に弊社サービスを利用していただくことで売り上げを伸ばし

予定より多くのキャッシュを回すことが可能になるいいご利用事例です。

 

適切なタイミングで適切なご利用をしていただくことで、事業拡大の手段となり得る売掛債権の早期資金化。

会社の資金繰りの一つとしてぜひご検討してください。

 

興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

ピーエムジー株式会社

第1営業本部3課課長

赤津 諒