ファクタリングで資金を調達することに適している業種とは?


資金繰りがうまくいかず、何とかして手元のお金を増やさなければならないというときに便利なのが、一般的な業種なら活用できるファクタリング(factoring)です。

いろいろな業種に対応できる資金調達の手法ではありますが、特にファクタリングを活用するとよいとされる業種もあるのでその理由をご説明します。

 

ファクタリングで資金調達するとよい業種とは

ファクタリングとは、商取引により保有することとなった売掛金を、ファクタリング会社(ファクター)に売却し現金化させて資金を調達する方法です。

そのためファクタリングで資金調達するためには、最低限の条件として売掛金を保有していることが必要となります。

季節によって繁忙期と閑散期の売上に差が大きく出てしまう業種などの場合、閑散期の資金繰りに追われることもあるでしょう。

このような場合にも、ファクタリングはぴったりの資金調達の方法です。

また、売掛金が売掛先企業から入金されるまでの間が長めの業種なども、前倒しで売掛金を現金化させることで手元のお金を増やすことができます。

 

ファクタリングを利用することが多い業種とは?

ファクタリングで資金調達することが多い業種を挙げると、建設業・サービス業(派遣業やコンサル業など)です。

運送業製造業などの業種もファクタリングにメリットを感じ、その仕組みに対して高いニーズを持っているといえます。

いずれの業種も共通しているのは、売掛先企業から売掛金が入金されるまでのサイトが長めであること、さらに人件費などの出費が多いといったデメリットを抱える業種です。

2020年大きな問題となった新型コロナウイルスの影響も踏まえながら、業種ごとにどのようなケースでファクタリングを資金調達に活用するとよいのか、事例など含めながらご説明していきます。

建設業はファクタリングとの相性がよい業種

ファクタリングの利用が最も多い業種といえるのが建設業です。

案件ごとに規模が大きく、天候などに左右される傾向があることから、作業がときには進まなくなることもあります。新型コロナウイルスの影響により、作業が延期・中止となった現場もあることでしょう。

建物を建設するためには資材費や工事外注費などが発生しますが、請け負った工事の代金は建築物が完成した後で入金されることになります。

そのため仕入れや人件費などに充てる資金が不足しがちなため、先に売上は計上されているのに入金サイトと支払いサイトのはざまで苦しむことになってしまいます。

特にマンションやビル建設など、規模が大きい工事の場合には作業を細分化させて専門業者に依頼されています。その工事を取りまとめているのは元請であるゼネコンと呼ばれる企業です。

ゼネコン企業から下請、下請から孫請というピラミッド型の請負構造になっているのも建設業界の特徴といえます。

この請負構造の下位層に位置する建設業者ほど、発生した売掛金が入金されるまでの期間は長くなりがちです。

ただしゼネコンは発注された仕事を受けるとき、下請業者に対する前払いや材料費の調達を事前に行う必要があります。そのため工事代金は、信頼性が高い売掛金(売掛債権)とみなされやすく、ファクタリングで資金調達する場合でも比較的有利といえます。

建設業界で発生した売掛金は信頼性が高い債権とみなされやすく、高額な取引となりやすいため、発生する手数料も抑えることが可能になる点が大きなメリットです。十分な資金調達につながりやすいことに、大きな意味があるといえるでしょう。

運送業は維持コストを補うためにも資金調達が重要

運送業界は原価のうち、人件費の占める割合が高めであり、車両を維持する際の費用も大きな出費となりやすい業種といえます。

たとえば燃料費が高騰することもあり、経営状態は安定しているのにガソリンや軽油の価格が高騰したことで、赤字転落することもあるほどです。

さらに定期的に車検など点検・メンテナンス費用も必要です。車両の台数が多ければ、それだけ多くドライバーを雇用することにもなりますし、保険料などもかかります。

所有する車両が出先で急なトラブルが発生すれば、突発的な費用も発生することがあるなど気を抜けない業種ですが、ファクタリングであれば即日売掛金を現金化できるなどスムーズな資金調達が可能です。

また車両も古くなれば買い替えが必要ですが、銀行融資などで運転資金を調達してしまうと、いざ新規でトラックを購入するときにローン審査に影響してしまいます。そのような場合に、ファクタリングで運転資金を調達する経営者もいます。

元請からの要求に苦しむ製造業

急に元請から大量の発注をされて、納期は必ず守るようにと伝えられて困ってしまう製造業者もいます。

体力のない中小の工場などは、製造にかかるコストを工面するしかない状況に追われることとなりますが、メーカー側で売れ行きが悪くなれば計画されていた発注がキャンセルされるといったこともあるようです。

しかし元請から取引を停止されたくないと考え、渋々要求に応じるしかない状況にたたされていることもあるでしょう。

製造業は円高や円安の影響を受けやすいため、経済が一度不安定になればその煽りが後々尾を引く可能性もあります。

それに加え製造業は手形などで取引が行われることも多いため、お金が手元に入るまでの期間が長くなり、資金繰りが悪化しやすい状況です。

新型コロナウイルスの影響により、工場が稼働しなくなったというケースも少なくありませんが、このような危機的な事態にこそファクタリングをうまく活用したい業種といえます。

季節により変動が大きいアパレル業

アパレル業界は在庫を抱えなければいけないことの多い業種であり、商品を仕入れて現金化されるまで時間がかかりやすいことも特徴です。

通年でみれば経営状態は健全だとしても、一時的に資金繰りが悪化することもあります。

特に季節によって取扱量が増減しやすく、今回の新型コロナウイルスの影響によって発令された緊急事態宣言で、店を閉店しなければならなくなったという経営者もいます。

さらに生産依頼先である海外工場も稼働が停止し、商品が入荷されなくなるなど一時的に混乱を招きました。

季節に合う商品は早めの段階で仕入れなければならないのに、その商品が目的の季節が訪れるまでは一時的に在庫として保管しなければなりません。実際に店頭に並べても、今回の新型コロナウイルスの影響などで店舗に足を運ぶ顧客が少なくなれば、売れ残りとして在庫を抱えることになってしまいます。

アパレルに限らず雑貨や家具の販売などの業種でも同じような現象が起きることがあります。予想したほど売れ行きが伸びないときにこそ、ファクタリングを有効利用し資金繰りを立て直していく必要のある業種といえます。

介護・医療はファクタリング手数料を安くできる業種の1つ

介護や医療などの業種では、介護報酬や診療報酬を対象としたファクタリングを活用することとなります。

たとえば診療報酬の場合、医療費は診療報酬明細書(レセプト)により支払基金に請求されます。支払基金は病院から請求されたレセプトが適正か審査し、健康保険組合に診療報酬請求を行います。

健康保険組合は納められた保険料により支払基金に診療報酬を払い込み、支払基金は毎月一定期日までに医療機関に診療報酬を支払うという流れです。

介護報酬も同様の流れとなりますが、実際に介護報酬や診療報酬が入金されるまでは2~3か月後となることが多く、その間に人件費や施設維持費に充てるお金が不足しがちです。

いずれにしても公的機関が売掛先となる債権をファクタリング会社に売却することになるため、未払いリスクのない信用力の高い売掛金とみなされます。

社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会などの国や地方公共団体が債務者となるため、債権額とほぼ同額で売却することが可能となるなど損が発生しにくいことが魅力です。

ファクタリング会社としても確実に回収可能となる売掛債権を買取ることになるので、低い手数料で取引ができます。

また売掛先の承諾を得て契約を結ぶことになりますが、相手が国や地方公共団体なので資金繰りが悪化している企業なのか?余計な勘繰りを入れられることもありませんし、その後の取引に支障をきたすのではないと心配をする必要もありません。

入金時期がずれやすいIT業

IT業の場合、案件を引き受けてから完成させるまでの期間が長めであり、完成後に請求書を発送しさらに代金を受け取るまで一定期間があいてしまうので一時的に資金不足に陥りやすいといえます。

ただし変化が激しい業種でもあるため、急に成長が見込めるケースや大きな仕事につながるというビジネスチャンスも発生しやすいことが特徴です。

せっかくのビジネスチャンスを逃さないためにも、すぐに資金が必要なときにはファクタリングを効率よく使うことをおすすめします。

人件費が多くを占める人材派遣業

人材派遣という業種の場合、原価のほとんどは人件費が占めることが多いといえます。毎月発生する人件費に対し、業務委託など入金までのスパンが数か月かかるという場合、手元の資金だけで運転することは難しくなることもあるでしょう。

資金繰りに頭を悩ませることが多い業種ともいえるので、資金不足が経営を圧迫させることにならないためにも、ファクタリングで迅速な資金調達を行うとよいといえます。

在庫を抱えるわけでもないため、資金繰りには縁がなさそうに感じさせる業種ですが、実際は給料の先払いが発生することもあります。それに加え、売掛先企業からの入金は数か月後になるなど資金繰りが厳しい業種であることが特徴です。

 

まとめ

どのような業種でも資金繰りに頭を悩ませてしまうことは多々あるでしょう。手元のお金がなくなり、ついに枯渇すれば倒産してしまうからです。

会社経営を安定させ、資金繰りを改善させるためにもスピーディに資金調達が可能となるファクタリングを上手く活用することをおすすめします。

銀行融資などで運転資金を調達したくても、審査に通らないこともあれば、仮に通った場合でもお金を手元に得るまで時間がかかってしまいます。

今日・明日中にまとまったお金が必要というときには対応できる方法ではありませんが、ファクタリングなら早ければ即日現金化も可能という大きなメリットがあります。ただし違法な取引を行おうとする業者もいるため、必ず信頼できるファクタリング会社か確認し、問い合わせを行うようにしてください。