ファクタリングのスピード査定なら即日現金化が可能?


ファクタリングの最大のメリットといえるのが、売掛金を使って早期に資金調達できる点です。ただ、実際に売掛金を売却したとき、どのくらいの買取金額になるのか事前に知りたいという場合もあるかもしれません。

その場合、即日現金化が可能であるなど、スムーズな資金化を可能とするファクタリング会社なら、スピード査定などすぐに買取金額の見積もりを出すという対応をしています。

 

即日資金を必要とするのなら

日本の企業間取引で掛けによる取引は一般化されていますので、売掛金が入金されるまでの間の資金が不足しないよう、資金繰りを良好な状態にしておくことが求められます。

しかし、実際には後払いの売掛金の存在が資金繰りの邪魔をしてしまい、資金不足となりビジネスローンなどで資金を借り入れたという経験のある経営者の方も少なくないでしょう。

ビジネスローンは即日融資を可能とする便利な資金調達の方法ですが、金利が高めの設定であり、資金繰り悪化の要因になりやすいことも特徴ですし、資金は調達できるとしても結局は借金を増やすことになります。

その点、ファクタリングなら、将来受け取る予定の売掛金の入金を前倒しすると考えれば利用しやすいですし、ビジネスローンに劣ることなく資金調達までのスピードが早いこともメリットです。

 

ファクタリングにスピード査定を依頼すると?

ファクタリングにスピード査定を依頼し、買取金額に納得して申し込みなどがスムーズにすすみ、銀行営業時間までに間に合えば最短即日で買取代金を受け取ることができます。

もし書類の準備などに戸惑い、当日に間に合わなかったとしても、次の日が平日なら翌日には受け取ることができるでしょう。

スピード査定の依頼方法

ファクタリングは、電話、メール、FAXなどで申し込みが可能ですが、スピード査定は電話で依頼をしたほうが安心です。

電話でまずは相談し、そのままスピード査定の依頼をするなら、ファクタリング対象となる売掛金の詳細を伝えることになります。

その情報をもとに、ファクタリング会社は売掛先企業の審査を行います。

本審査になると、

  • 決算書(税務申告済み捺印があるもの)
  • 過去直近の取引入金が確認できる書類(入出金通帳・当座通帳照合表など)
  • 取引先との基本契約書
  • 成因資料(契約書・発注書・納品書・請求書など)

を準備することとなりますが、基本契約書などがない場合は、その旨相談が必要です。すぐに用意できるようにしておけば、スムーズな資金調達に繋がりやすくなるでしょう。