キャッシュフローを分析することは企業経営において重要なこと?


企業経営において、キャッシュフローの分析は十分にできているでしょうか。

分析するときに活用される書類にキャッシュフロー計算書がありますが、そこから何を把握し、確認することができるのでしょう。

そこで、キャッシュフローを分析する上で欠かすことのできないキャッシュフロー計算書で重視したいポイントをご説明します。

 

キャッシュフロー計算書とは

企業が現在所有している現金が、ある一定期間の間でどのように増え、減り、どのくらい残っているのか、増減の原因を明確にした書類がキャッシュフロー計算書です。

現金が増減する理由はいろいろです。増えた場合にも、それが売上代金の入金によるものなのか、それとも投資による収益なのか、または借り入れを行ったことによるものかなど、原因があります。

反対に減った場合でも、仕入れや経費の代金を支払ったのか、投資を行ったことによるものなのか、借入金の返済など、いろいろあります。

それらを把握することで、将来的にお金はいつ、どのくらい必要になるのか、お金の流れ予測することができます。

 

手元の資金がなくなれば企業は倒産する

企業が本業で稼ぎ出す利益はとても重要ですが、利益がいくら増えても手元に現金がなかったら、支払いができなくなるので倒産してしまいます。

反対に、利益がまったく出ずに赤字経営だとしても、手元に現金があれば支払いに充てることができるので倒産しません。

現金不足に陥らないためには、キャッシュフロー計算書でお金の流れを把握することが必要となります。

 

キャッシュフローの区分

キャッシュフロー計算書では、

  • 営業キャッシュフロー
  • 投資キャッシュフロー
  • 財務キャッシュフロー

という3つの区分に分けてお金の動きを表します。

営業キャッシュフローでは企業が事業活動でどのくらい現金を使い稼ぐことができたのか、投資キャッシュフローは土地・建物や設備、株式などにいくら投入・獲得したのか、財務キャッシュフローは融資や増資によっていくらお金を得て、返済や配当などで支払ったのかを計算する仕組みです。

貸借対照表と損益計算書が組み合わさった表

これらの区分は決算書の貸借対照表と損益計算書に対応しているので、キャッシュフロー計算書はこの2種類の計算書が組合わさったものであるとも言い換えることができます。

キャッシュフロー計算書の内容を把握することは、貸借対照表や損益計算書を把握することとなり、企業が保有する現金がどのような活動で増え、減っているのかを知ることとなります。

 

財務状況を把握し資金繰りを悪化させない心掛けを

企業の財務状況を把握できていなければ、その後の資金繰りだけでなく、将来的に事業拡大など検討している場合にはそこまで辿りつかなくなります。

しっかりとキャッシュフローの分析を行い、毎月の資金繰りを悪化させない経営を心掛けていきましょう。