大阪でファクタリングを使った資金調達を希望するなら


ファクタリングは近年、資金調達の手法として注目されているものの、多くが東京都内のファクタリング会社ばかりで大阪では利用しにくいと感じる方もいるようです。

しかしすべてのファクタリング会社が東京のみを拠点としているわけではなく、大阪に支店を設けて関西・西日本で事業を営む会社や個人事業主をサポートしていることもあります。

そこで、西日本の方がファクタリングを資金調達に使いたいと考えたとき、大阪に本社や支店のある業者を選ぶとよい理由をご説明します。

 

そもそもファクタリングとは?

ファクタリングは、法人や個人事業主が保有する売掛債権(売掛金)を、第三者であるファクタリング会社が買取り現金化させる取引です。

商取引で現金決済が行われていれば、その場でお金を受け取ることができるためより安全・安心に取引ができることでしょう。

しかし日本では掛けによる信用取引が一般的であり、取引先から売上代金が入金されるまで売掛金が発生した状態となります。

入金まで1~3か月程度待たなければならず、その間に発生する材料費や人件費などの支払いができなくなることはめずらしいことではありません。

しかしファクタリングを利用すれば、取引先から入金される予定日よりも早くお金を手に入れることができるので、資金ショートを防ぐことが可能です。

銀行融資の審査には通らない場合やこれ以上借金を増やしたくないという場合でも、柔軟な審査で資金調達できる手法として注目されており、東京だけでなく大阪など関西エリアの事業者でも利用はできます

 

大阪以外ではいろいろと不便?

日本の企業は東京に集中していますが、大阪は東京都に次いで全国2番目に様々な業種の企業が集まっているエリアです。

関西圏でも大阪は経済が最も発展しており、さすが天下の台所といわれただけあるといえます。

しかしファクタリングで資金調達したいと考える大阪の経営者は少なくないのに、大阪に本社や支店を設けているファクタリング会社は多くありません。

そのため大阪の経営者がファクタリングで資金調達したいと考えたときには、遠方になるものの東京のファクタリング会社を利用することもあるようです。

ただ遠方のファクタリング会社を利用してしまうと、契約までに時間がかかるだけでなく交通費が発生してしまうなど、相談や面談などスムーズに進みません。

しかし大阪に支店があるファクタリング会社なら相談や手続きも進みやすく、余計な費用もかからないでしょう。

ファクタリングの最大のメリットを活かすことが重要

そもそもファクタリングは即日~数日で資金調達できることが大きなメリットなので、遠方のファクタリング会社に相談し、すぐに現金化できなければファクタリングを選ぶ意味がなくなってしまいます。

また、大阪に本社や支店があるファクタリング会社を選んだとしても、2社間で債権譲渡登記が必要な場合は登記に時間がかかってしまうことになるでしょう。

債権譲渡登記東京法務局でしか対応できません。これこそがファクタリング会社の多くを東京に集める結果となっている大きな要因ともいえますが、近いから便利!と大阪のファクタリング会社を選んでも登記が必要になればその分時間がかかってしまいます。

大阪の経営者が地元に本社や支店があるファクタリング会社を選ぶなら、交通費や債権譲渡登記など余計な費用や手続きを発生させない業者選びが望ましいといえます。

 

大阪に本社や支店がある業者を選ぶメリット

ファクタリング会社にもよりますが、東京に本社があっても大阪や福岡など都市部に支店を設け、それぞれにエリアに合った迅速な対応やサービスの提供を行っている場合もあります。

大阪に拠点があれば西日本の経営者は資金調達の相談をしやすいでしょう。また、同じ西日本でも大阪と九州・沖縄は距離がありますが、同時に福岡に拠点を設けているファクタリング会社ならより安心できることでしょう。

対応エリアを絞れば業務効率も高くなるので、手数料を安く提案してもらうことができ、即日など迅速な対応も期待できることが大きなポイントです。

関東圏のみで活動するファクタリング会社は数多くありますが、一刻を争う資金調達の場合にはやはり地域に密着したファクタリング会社を選んだほうが、エリア特有の情報も保有しているためより安心できます。

 

大阪の経営者がファクタリングを選ぶべきタイミングとは?

銀行から融資を受けて資金調達したくても、税金を滞納している場合やすでに債務超過にあり借入れできないこともあるでしょう。

担保を差し入れれば融資を受けることができるとわかっていても、不動産など資産を保有していなければ銀行から融資は実行されません。何より借金を増やすことは、その後のキャッシュフローが心配になるものです。

新型コロナウイルスの影響による売上減や取引先の倒産、手形決済の資金不足など、お金が必要なタイミングはいろいろあります。

そのような場合、まずは近隣のファクタリング会社に相談してみてはいかがでしょう。すでに利用中のファクタリング会社の手数料が高いという場合でも、乗り換えにより手数料を安くすることは可能です。

 

まとめ

ファクタリング会社の多くが首都圏に集中しているため、大阪など西日本エリアの経営者が利用したくても交通費や時間がかかるなどいろいろと不便と感じてしまうことでしょう。

しかし大阪に本社や支店があるファクタリング会社なら、スムーズに、安い手数料でファクタリングが可能です。

すでにファクタリングを利用中の場合でも、乗り換えで手数料を下げることが可能になるので、まずは無料相談を利用してみることをおすすめします。