ファクタリングを利用したときに入金までかかる日数とは?


運転資金が不足したときには、できる限り早く資金を調達できる方法がよいとファクタリングを利用する経営者の方も少なくありません。

確かにファクタリングのメリットとして挙げられるのは、申し込みから入金までが迅速であり、スムーズな資金調達が可能という点です。

資金調達の方法として、ファクタリングだけでなくいろいろありますが、本当にファクタリングは他の資金調達方法より入金までの時間や日数が短いのでしょうか。

 

資金を調達する方法ごとの入金までの日数

一般的な資金調達の方法として考えられやすいのは、銀行などからの借入れなどですが、それぞれの資金調達方法の入金までにかかる日数などを確認してみましょう。

銀行融資

低い金利で長期間借入れすることを希望する場合には銀行融資を検討することが多いでしょう。ただし、厳しい審査を通過する必要があり、不動産など担保や連帯保証人の設定が必要になることが多く、入金されるまで1か月ほどかかることが一般的です。そのため、急いでまとまった資金を準備する必要がある場合には、むいていないといえます。

ビジネスローン・消費者金融

ビジネスローンや消費者金融の場合、申し込みを行って入金されるまでの日数は、即日から1週間と比較的早めです。ただし、金利が高めに設定されるので、繰り返し利用すると経営を圧迫する恐れが出てきます。

ファクタリング

借入れではなく、売掛金などの売掛債権を売却して資金化する方法ですが、審査対象になるのは売却する売掛金の取引先です。そのため、比較的審査は緩めであり、仮に取引先が倒産しても返済を求められることはありません。

審査内容や混雑状況、売掛金の期日などによって異なるものの、最短で即日、長くても3日程度で入金されることが多いといえます。

ただし、3社間ファクタリングでは審査の前に、売掛先の承諾が必要になるため、間に売掛先を挟まない2社間ファクタリングよりも日数は長くなります。

 

ファクタリングは入金までが早く審査も柔軟な資金調達方法

担保にできる不動産や、連帯保証人を付けることができないことで、銀行融資を断念するしかない企業もあるかもしれません。また、経営状況が良好でない場合、返済能力がないとみなされ審査を通過できない可能性も出てきます。

しかし、ファクタリングは借入れではないので、利用する企業の経営状況などは重視されずに審査が行われ、担保や連帯保証人なども必要ありません

急いでまとまった資金が必要という場合でも対応できる資金調達方法なので、財務内容や売上、粗利率などを考慮しながら活用するとよいでしょう。