下請け業者必見!知っておきたいファクタリングの利用法


ファクタリングというのは売掛金の現金化で欠かすことができない非常に重要な資金獲得法です。ファクタリングを利用するときにはファクタリングの基本をしっかりと理解しとておくことが非常に重要です。ファクタリング利用に欠かすことができない基本的な知識と利用のコツをご紹介いたします。

1ファクタリング利用はシステムを知ってから

ファクタリングを利用するときに注意したいのが、システムを理解してから利用するということです。ファクタリングは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあり、どちらのファクタリングも実は非常に重要な手法なので、しっかりと理解しておくことが重要です。

2社間ファクタリングはファクタリング企業とファクタリングを申し込む売掛債権を持つ債権者が契約を結び、ファクタリング企業に債権の譲渡を行う仕組みです。ファクタリングを通じて、資金獲得ができるのは非常に大きなメリットで、しっかりと資金獲得ができるとそれだけで経営が非常に安定します。

3社間ファクタリングはファクタリング企業と債権企業以外にもさらに債務を負う売掛先の企業が契約に関わるファクタリングで、相手企業にファクタリング利用が知られてしまうのですが、実はいくつかのメリットがあり、こちらのファクタリングを利用する企業も存在します。

 

2メリットデメリットを考えて利用する

ファクタリングを利用するときには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのメリットとデメリットを理解してから利用すると役立ちます。2社間ファクタリングはファクタリング企業の持つリスクが非常に大きくなってしまうので、3社間ファクタリングに比べてどうしても手数料が高くなってしまいます。このため、ファクタリングを利用する前に、しっかりとどちらのファクタリングを利用するのか考えておくことが重要です。

もし、売掛先の企業との信頼関係があり、ファクタリングの利用をしても問題ない関係なのでああれば、3社間ファクタリングを利用して資金獲得をする方が会社にかかる負担が小さくなります。3社間ファクタリングと2社間ファクタリングはどちらも手数料が取られ、審査を受けることになりますが、やはり3社間ファクタリングの方がファクタリングにかかる負担が非常に小さくなります。しっかりとファクタリングの特徴とメリットを理解して、適切なファクタリングの利用法を考え、会社にとってメリットのある方法を利用して行きましょう。