ファクタリングと手形割引に違いに気をつけて資金繰りを


手形割引とされている方法が昔から利用されていますが、ファクタリングとよく似ている方法です。早期に資金を得られるようにしていることがメリットとされていて、資金を増やしたいと思っている企業にとってはかなりプラスとなる材料になるでしょう。資金繰りを考えている会社の場合は、どちらを選んだほうが良いのかも考えてください。

手形割引とファクタリングの違い

手形割引は、金融機関から借りている融資として扱われています。融資というのは、当然返済が必要になってきますので、返済を行わなければ面倒なことになります。連絡を入れられてしまい、返済を要求してくることは多くなるでしょう。
ファクタリングの場合、融資ではなく債権買取と言うかたちになりますので、持っている債権を購入してもらってお金を得ている方法となります。他に返済者がいることを考えると、ファクタリングのほうが安心して利用できる方法となります。

手形割引は審査も厳しい傾向がある

もう1つの違いとして、手形割引は審査が行われています。金融機関が実施していることですので、当然審査を行って問題があるようなら、利用できませんという形で拒否されてしまいます。ファクタリングの場合は、審査という概念が基本的にありませんので、どのような状況でも利用できる傾向にあります。
手形割引の審査は、通常の融資と同じように行われていきます。金融機関から高額な融資を受けるような形で実施することになり、審査は会社の状況などを見て判断されます。明らかに返済されないと思われているなら、審査の結果利用できないと告げて、利用を拒否することになります。
審査の観点で気になるところがあるなら、ファクタリングを利用している方が良いでしょう。ファクタリングの場合は、余程のことがなければ審査に落とされません。売掛金の返済側に当たる会社が問題がない限りは大丈夫です。

ファクタリングのほうが活用しやすい

手形割引は、金融機関という安定している会社から融資を受けられる良さを持っていますが、その分だけ負担が大きくなってしまうことに加え、審査の基準が極めて厳しい傾向にあります。
ファクタリングであれば、売掛金を持っていればいつでも利用できると考えてください。利用しやすいことも良いですし、審査を受けなくても融資と同じ金額を得られるような形になります。
ファクタリングを活用している企業は、より資金繰りの安定感をもたらすことになるでしょう。