フリーキャッシュフローでわかることは?何が問題?


フリーキャッシュフローとは、会社が稼いだお金から活動資金を差し引いた余剰資金です。会社の価値とも言えるため、経営努力を行う際の判断基準となる数値です。会社が自由に使えるお金ですので、事業拡大や借入金返済、株主配当など様々な使い道が考えられますが、何に対していくら使うかは会社の経営手腕が問われるでしょう。

フリーキャッシュフローが問題になる場合

フリーキャッシュフローが問題になるのは、企業の活動を長期にみた場合です。長期で黒字を維持している企業の場合、企業活動で現金を長期間積み上げていることになりますので企業の価値は増加できています。赤字企業なら現金の消費、借入金の増加などで企業価値を減少させていることになるでしょう。

フリーキャッシュフローの計算方法

まずフリーキャッシュフローは何をフリーキャッシュフリーにみなすかで計算方法が異なります。最も簡易的な方法としては、「営業キャッシュフロー-投資キャッシュフロー」で算出する方法です。営業キャッシュフローは営業で稼いだお金、投資キャッシュフローは将来の利益獲得や現在の事業活動を維持するためのお金です。投資キャッシュフローは資産処分などを進めている場合にはプラスになることもあります。

フリーキャッシュフローから企業分析を行う際の注意

フリーキャッシュフローから企業分析を行う際、特に設立して間もないベンチャー企業や新規事業に進出している企業などは注意しましょう。その期の設備投資は膨大なものになる一方、設備投資による増収効果があらわれるのは数年後ということが多く、一時的に大幅な赤字を示すこともあります。投資活動の妥当性まで見極めておかなければ、単にフリーキャッシュフローが赤字だからという考えは有望な企業を見逃すことになりかねません。

自社のフリーキャッシュフローの最大化を図るために

フリーキャッシュフローを最大化するためには、金融収支前経常利益の最大化、売上金早期回収、税金の最小化、設備投資の選別などを実践していくことになります。安く作って高く売り、早くお金を回収して余分な税金を支払わないことで最大化することができると言えるでしょう。

数値ばかりにとらわれないことも必要

フリーキャッシュフローは企業の実力を示すため、多ければ経営状態は良い企業だと判断でき、少ないと経営状態が悪化している企業だと判断できるでしょう。フリーキャッシュフローを良くするための経営努力は必要です。ただし減ってしまうのは困ると有意義な投資が行われなければ、そのことが引き金となりその先のキャッシュフローを悪化させる可能性もありますので注意しましょう。