キャッシュフロー計算書の基本!見方を抑えた活用法


キャッシュフロー計算書というのはどの企業でも取り入れられている経営状態を表す一つの指標かもしれません。キャッシュフロー計算書の見方や基本的な着眼点を抑えると経営の方針がかたまり、非常に役立ちます。基本的な注目ポイントをしっかりと抑えてキャッシュフローの活用を考えていきましょう。

1キャッシュフロー計算書の基本

キャッシュフロー計算書を考える時にはまず、キャッシュフローの基本を押さえているのかどうかを把握することが重要です。キャッシュフロー計算書の中でもまず最初に注目すると役立つのが営業キャッシュフローです。営業キャッシュフローは営業成績がうまく行っているのかを見分ける一つの指標で、キャッシュフロー計算書を見る時に真っ先に注目しておくといいポイントです。

この指標を確認した後には投資キャッシュフローの値と財務キャッシュフローの値の確認を行います。この流れをルーティーンでできるようにしておくと分析のやり方に統一性が生まれ、キャッシュフローの比較分析などを行う時に非常に役立つでしょう。

投資キャッシュフローは基本的にマイナスになっていることが理想的な状態で、この数値の大きさが営業キャッシュフローや財務キャッシュフローとのバランス的に問題ないかどうかがに注目しておくと役立ちます。分析の基本をしっかりと理解しておきましょう。

 

2財務キャッシュフローと投資キャッシュフローの考え方

財務キャッシュフローと投資キャッシュフローを考える時にはまず、それぞれの数値が営業上意味のある状態なのかどうかを考える必要があります。投資を受けるに当たり、財務キャッシュフローは財務状態によって左右されるので、この数値がプラスかマイナスかはあまり大きく気にする必要はなく、営業と投資の状態に見合っているのかを考えることが大切です。投資を拡大しているタイミングで財務キャッシュフローがプラスに傾くというのはあまり問題ではないのですが、投資と財務のマイナスが非常に大きくなり、営業キャッシュフローがカバーできなくなっているような状態には注意が必要です。しっかりと状況に応じた資金の流れができているのか確認をするようにしましょう。

 

3資金の流れを改善したい

資金の流れを改善したいと思う時にはキャッシュフローを眺め、営業方針を変更することも非常に重要ですが、売掛金などの管理も欠かすことができません。ファクタリングなどの手段を講じて資金が停滞しやすい部分を改善しておくと経営が非常に安定化します。経営状態をしっかりと把握し、資金管理を改善するようにしておきましょう。