キャッシュフローの悪化に要注意!融資で改善するの?


キャッシュフロー計算書の状況が悪くなるのはどの企業でもありうることです。このような状態が起こってしまうと経営状態も悪くなり、このような状態を経験した経営者は少なからず融資によって資金を増やすことを考えるのではないでしょうか。融資と資金の関係についてしっかりと理解しておきましょう。

1キャッシュフローの悪化は原因がある

キャッシュフローの悪化というのは資金の分量に関係なく、実は資金が停滞していたり、資金が一つの場所に流れすぎていると起こってきます。このため、キャッシュフローの悪化が起こって来た時にはまず、原因をしっかりと突き詰める事が重要です。もちろん資金の不足によってキャッシュフローが停滞することもあるのは事実ですが、資金の滞りも非常に注意したい点です。

キャッシュフロー計算書を眺めて頭をかかえる自体に陥った時にはしっかりと原因を分析して適切な対応をするようにしましょう。

2キャッシュフローは融資では改善しないかも

キャッシュフローの悪化の原因がもし資金の滞りが原因となっている場合には資金の融資を受けたとしても改善することはありません。もちろん、資金不足によってキャッシュフローが縮小し、状況が悪化している場合には資金の調達が改善策となるのですが、資金の滞りが原因となっている時には融資を受けることで帰って状況を悪化させてしまう事があります。

このような場合にはまず、資金の停滞を改善するように資金のコントロールを考えなければいけません。資金停滞の一番の原因は売掛金です。しっかりと売掛金の停滞のコントロールを行い、経営状態を大幅に改善する事ができるように心がけておきましょう。

3売掛金の停滞はファクタリングで改善

売掛金が停滞してしまい、経営状態が悪くなっている場合には売掛金をファクタリングで現金に変えておく事が非常に重要です。ファクタリングというのは売掛金を現金に変えるサービスのことで、ファクタリング企業に売掛金の買取を依頼することで現金に変える事ができます。もちろん、ファクタリングを利用する際に手数料が必要になるので、手数料分差し引かれた金額しか手に入りませんが、短期間で資金獲得ができる便利な手法です。

ファクタリングは最近ではファクタリングの依頼をしてから最短即日で資金獲得ができるサービスも広がっているので、つなぎ資金の獲得にも非常に有効です。資金の停滞を解消したい場合にはファクタリングを利用して見ましょう。