事業主借って何?事業資金の事業主勘定ってどういうこと?


個人事業主にとって注意して欲しいのが事業主勘定です。事業を営むに当たり、事業主勘定に注意するのは非常に重要なポイントで、個人事業主の方は事業主勘定についてしっかりと注意しておかなければいけません。個人事業主の方必見の事業主勘定についてみなさんに詳しくご紹介いたします。

1事業主勘定って何?

個人事業主として事業を行っている時に問題になるのが、自己資金と事業資金の区分けです。事業資金と自己資金が曖昧になりがちなのが個人事業主の厄介な点です。

個人事業主は給料という概念がないので、事業資金と自己資金の区別がなかなかつかず、仕分けの際に非常に困ることがあるのではないでしょうか。個人事業の経理・確定申告を行う時には個人事業営む本人と本人以外の資金を明確に分ける必要があり、個人の資金と事業資金の区別がないと事業所得の計算ができなくなってしまいます。

事業主勘定を理解しておくとこのような問題をしっかりと解決することができます。事業主感情についての基本を理解しておきましょう。

2事業主貸って何?

事業主貸というのは個人事業主が自ら会社の資金を利用した時に行われる仕分けです。法的には個人事業主のことを企業と関係のない人と扱い、お金を貸し付けたのと同じような扱いにすることです。

このような個人事業主が個人の資金として費用を使った場合には借方に事業主貸と記載し、貸方にその資金と同じ金額を記載しておきます。また、事業用のお金で社会保険料を支払った時にもこのような仕分けが必要になるので、取引の内容を同じように記載しておきます。

このよう取引の記録を明確にすることでいつどのように資金が個人事業主に移動するのかを確実に把握できます。個人事業主の方はこの仕分けのやり方をしっかりと理解しておきましょう。

3時業主借って何?

事業主借は事業主貸の逆のお金の流れを示すものです。プライベート用のお金を事業資金に回した場合には個人事業主本人を別人として扱い、その別人が企業にお金を入れたように取り扱うことで資金の流れを明確にします。貸方に事業主借と記載し、仕分けを行うことで、仕分けが非常に正確になるので、このような資金の流れの管理は徹底しておくように心がけましょう。

 

事業主の資金の管理は経営に悪影響を与えないようにしっかりと管理しなければいけません。個人事業主はどうしても給料という概念が発生しにくいので、会計処理も難しくなります。事業主勘定についての基本的な知識を身につけ、経営に活かしていきましょう。