事業者必見!!知っておきたい資金決済法のポイント


企業を取ります環境というのは日々進化を続けていて、10年前ではあまり想定されていなかったような自体が起こり、日々法律も進化し続けています。事業資金の決済を考えるときに注目しなければいけないのが資金決済法という法律です注目すべき見所を理解しておきましょう。

1資金決済法とは何?

資金決済法というのは正式には資金決済に関する法律という法律のことで、平成21年に制定された資金の決済に関する法律です。商品券やプリペイドカードなどの金券だけでなく、銀行以外の資金の移動についての規制や手続きのあり方を定めた法律で、この法律についていくつか注意しないと資金決済がうまくできなくなります。

ICT技術の進歩に伴って発生した新たな企業形態や新たな資金の流れを規制する必要がでてきてしまい、近年では仮想通貨との関連が非常に注目を集めています。

 

2ポイントサービス導入時の資金決済法

近年では当たり前に行われている前払いしき支払い手段、つまりポイントサービスを導入するときに企業が熟知しておく必要があるのが資金決済法の第3条から第36条までに記載されている前払い支払い手段に関する法律です。

前払い式支払い手段では金額またはサービスの分量を証票に記載したり、パソコンに記録として保管した記録を用意しておく事が必要です。ポイントサービスを導入する時には発行者の名称・支払い可能金額・使用期限・問い合わせ窓口などを明示する必要があり、ポイントの残高に応じて供託の義務が発生します。ポイントを利用した顧客集めというのはよくあるものですが、その管理に関する法律までしっかりと熟知しておかなければいけないので、専門的な知識が不足している場合には専門家に依頼を立ててサポートを得るようにしましょう。

 

3資金決済法による規制

資金決済法は近年徐々に規制が行われる傾向に改正されていて、近年人気の仮想通貨の登場以来注目を集める法律です。直型前払式支払い手段という発行者にたいしてだけ利用できるポイントサービスの導入であれば金額次第では規制対象から外れるのですが、経営規模が大きい企業でこのサービスを導入すると規制に抵触してしまう事があります。

ポイントサービスは顧客の囲い込みに有効な手段ですが、資金決済法を守るにはる程度しっかりとした法律の知識が必要になります。資金決済法の規制を受けないまま経営を続けていくようにあらかじめルールを策定したり、ポイントの有効期限を定めておくと後々楽にポイントサービスの利用ができます。しっかりと適切な運用ができるようにポイントサービスの利用を考えましょう。