事業資金の倍増ってどうやるべき?実際にやる方法は?


事業資金を適切に確保するのは本当に可能なことなのでしょうか?実は事業資金の倍増というのはいくつかの方法を組み合わせると決して不可能なものではなく、事業資金を倍増させるのは誰にでもできる決して難しいものではありません。事業資金の倍増に欠かせない資金調達法をみなさんにご紹介いたします。

1事業資金を増やすには融資を検討する

事業資金の拡大に欠かすことができないのが融資の検討です。まずは銀行・ノンバンクなどの資金の融資を行ってくれる融資元に有志の依頼を立てるのが最も最初にやるべき対策でしょう。融資を受けるためには融資審査を受けなければいけないので、なかなか厳しいハードルかもしれませんが、近年では事業者向けのビジネスローンが組まれるなど民間の商業融資が活発化しています。

このような方法で融資を満足いくぶん集めることが出来なかったとしても他の手段があるので、諦めずに資金獲得を行うようにしましょう。

2ファクタリングで資金を調達する

ファクタリングという方法で資金調達をするのも、非常に広く利用されている方法の一つです。ファクタリングでは売掛債権をファクタリング企業に売却し、その額面の金額に対して一定の手数料を支払い、ファクタリングを受けることが出来ます。ファクタリングを利用すると売掛債権を売却し、手数料分減額はされますが、短期間で現金に換えることが出来ます。

売掛債権というのは売上にはなるのですが、現金ではなく債権なのでそのままでは企業資金として利用することが出来ません。資金として活用するためにはファクタリングなどの手段を利用しなくてはならないので、資金を必要としているときには必ずこのような方法を念頭におくようにしましょう。

 

3手形の割引も重要

手形の割引というのも非常に便利な方法です。手形は売掛金以上に支払いまでの期間が長い債権ですが、手形ををファクタリングと同じように手形の割引を行っている企業に売却し、手数料を差し引いた金額を受け取ることができるので短期間で資金獲得ができます。

これまで売掛金として保有していた債権や手形もしっかりと資金に変えていくとかなりの金額になるはずです。売掛金がかさんでいる企業などではこの金額も決してバカにならないはずで、合計の売掛金の金額を合わせるといっときの事業資金を大きく凌ぐ金額も夢ではありません。しっかりと売掛金や手形に注目して、適切な資金獲得をするようにしましょう。