事業資金の循環を捉えて企業経営を安定化させよう!


事業資金についてみなさんはどのように分析をしているでしょうか。事業資金の循環は非常に重要な着眼点で、しっかりと事業資金の循環について目を向けておくとそれだけで経営に大きく役立ちます。経営資金の循環のメリットについて説明いたします。

1お金は循環して初めて利益をうむ

経済や経営において最も重要なのは実は資金を流動させることだと言われています。これは経済学や経営に関する基本的な考え方の一つで、資金というのは流動・循環させることで初めて利益を生み出し、停滞させているあまでは資金として全く役に立たないという考え方によるものです。

資金が流動することで、その資金が事業を動かし、利益を算出することができるので、必ず資金の流動性が確保できるように心がけておくことが重要なのです。しっかりと流動性の維持に注意して経営に活かしていきましょう。

 

2手元資金の流動性を確認する

まず、資金自体の流動性がどれだけあるのかをしっかりと確認しておくことが非常に重要です。手元資金の流動性が高いと事業を行うのも容易になりますし、急な出費に応対するだけの企業の体力を確保することもできます。資金管理を考える上でとても重要な着眼点なので、しっかりと注意しておきましょう。

資金の流動性の分析には手元流動性比率という指標を用いると良いでしょう。この比率の計算は現金・預金・短期有価証券の合計金額を月商で割ったもので、売掛金が含まれていないのが特徴です。短期的な資金の動きを見るときの参考にしておきましょう。

 

3手元資金の流動性の改善にはファクタリングが必要

手元資金の流動性を確保したいと思っているときにはファクタリングを利用すると良いかもしれません。ファクタリングは売掛金を現金にかえる事で、多少の手数料はかかりますが、資金の不足を補うときに非常に役立ちます。ファクタリングを行うときにはファクタリング企業に依頼を行い、売掛金のファクタリングのために必要な審査を受けることになります。手数料や審査日数など様々な着眼点でファクタリング企業を選ぶことができるので、自社にあったファクタリング企業を選ぶことが重要です。売掛金を保有し続けるのは貸し倒れや黒字倒産などのリスクを常に抱えることになるので、注意しなければいけません。資金が急に必要になったときやこれから資金不足に陥りそうと考えるときにはファクタリングを利用した資金の確保を検討してみてください。