ファクタリングとはどのような資金調達の方法?その内容をわかりやすく解説!


近年、中小企業の間などで迅速かつ合理的に資金を調達できる方法としてファクタリングが注目されるようになっています。

資金の調達の方法としては、銀行などの借り入れの利用が一般的となっている中で、なぜファクタリングが注目を集めているのでしょう。

そこで、ファクタリングとはどのような資金の調達方法なのか、わかりやすく解説します。

 

ファクタリングとはどのような資金の調達方法?

ファクタリングで資金を得るために用いられるのは、中小企業などが多く保有している売掛債権です。

売掛債権である売掛金をファクタリングを専門に扱う業者などに譲渡し、本来の入金期日よりも前に現金化して資金を得る方法となっています。

ファクタリングというサービス名のもととなった「fact(ファクト)」という言葉は、日本語に訳すと原因や要因、要素という意味になります。

また、仲介や問屋という意味でも使用されているため、資金を調達する仲介としての立場をあらわす名称がつけられたと考えられます。

 

ファクタリングで用いるのは売掛債権

売掛債権の1つである売掛金は、商品やサービスなどを販売・提供した際に発生する未回収の代金を請求する権利です。

日本の商取引は信用取引により成り立っており、多くの場合、商品やサービスと引き換えにその場で現金による支払いが行われるのではなく、後に請求して支払ってもらう掛け取引が主流です。

ただ、商品やサービスを販売・提供してからその代金が入金されるまでの期間が長くなると、その間に発生する支払いに充てる資金が不足してしまいます。

このタイムラグ期間中に発生するのが売掛債権であり、その期間を前倒しして現金を得る仕組みがファクタリングです。

 

ファクタリングの仕組み

ファクタリングの流れは、

  • 掛け取引により発生した売掛金をファクタリング会社に譲渡
  • 売掛金を買い取ったファクタリング会社から手数料分以外の買取代金が入金される
  • 後日、売掛先からファクタリング会社に本来の売掛金代金が入金される

という流れで取引が行われます。

本来は1か月や2か月、場合によっては半年や1年先という売掛金の入金を待たず、先に代金を受け取ることができるので、資金繰りを改善させるために有効とされているわけです。

 

ファクタリングは2社間と3社間により流れが異なる

ファクタリングの主な流れは上記の3つですが、取引を利用者とファクタリング会社の2社間で行うのか、それとも売掛先も含めた3社間によるものかによって流れが異なってきます。

3社間ファクタリング

利用者とファクタリング会社、売掛先の3社が契約を結ぶ形でファクタリングが行われます。

売掛先は本来、利用者に支払うはずだった売掛金の代金をファクタリング会社に直接支払うことになるので、売掛金の譲渡が行われることに同意してもらう必要があります。

しかし、この売掛先対する債権譲渡の通知により、利用者は資金繰りが悪化していると勘ぐりを入られることに懸念をあらわす傾向がみられます。

まだ十分に周知されていないファクタリングというサービスを利用することを売掛先に知られることは、その後の取引に影響を及ぼすと考えるケースもあり、3社間ファクタリングを利用は…と踏みとどまってしまうようです。

ただ、3社間ファクタリングは2社間ファクタリングよりも手数料が安く設定されますので、費用をかけずに資金を調達したいなら3社間を選ぶとよいでしょう。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは3社間のように売掛先に対する通知は行われません。売掛先に内緒でファクタリングを利用したいなら2社間ファクタリングを選ぶことになりますが、売掛先への通知が行われないということは、ファクタリング会社が回収する売掛金の代金は、一旦利用者に入金されるということです。

売掛先から入金された売掛金の代金を、そのまま利用者からファクタリング会社に横流す形で渡さなければなりません。

しかしこの流れにより、ファクタリング会社は売掛金を使い込まれてしまうリスクを抱えることになってしまうため、3社間より高い手数料が設定されることになります。

 

ファクタリングの種類はいろいろ

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングなどを選ぶことができる買取ファクタリングだけでなく、他にもいろいろな種類があります。

たとえばクリニックや病院、介護施設などの診療報酬を対象とした診療報酬債権ファクタリングや、売掛債権の買い取りではなく保証という形の保証ファクタリング、保証の対象が輸出先の海外企業に対する支払いである国際ファクタリングなどが挙げられます。

業界によって適したファクタリングの形は異なりますので、円滑な資金調達のために最も合う方法を選ぶようにしてください。

 

ファクタリングを資金調達の方法として利用するなら

ファクタリングは売掛債権である売掛金をファクタリング会社に譲渡して資金を調達する方法です。

融資を受けるのとは違い、実施される審査で重視されるのも利用者ではなく売掛先の信用力であるなど、柔軟な対応が魅力となっています。

また、利用するファクタリングの種類や業者によっては、即日現金化も可能となるため、急な出費にも対応しやすい方法です。

ただ、利用するにあたり手数料が発生しますので、売掛債権額をそのまま前倒しで受け取れるわけではない点は理解した上で利用するようにしましょう。