手形での支払いは本当にメリットが高い?企業が手形で決済する理由


通常の営業取引で仕入先との間に発生した手形債務を処理した場合、会計処理において支払手形の勘定科目を使います。

約束手形の振り出しや為替手形の引き受けなど手続きが該当しますが、手形を利用した場合の支払期日の到来は3か月や6か月先になるため、手形帳などでしっかり管理することが大切です。

 

現金決済とは違う!手形による支払いのメリットとは

これまで手形の利用経験がなければ、現金で支払えばよいのになぜわざわざ手形を振り出して支払う必要があるのか、手形決済でどのようなメリットがあるのだろう?と疑問を感じることになるでしょう。

しかし、現金決済とは違ったいろいろなメリットがあるからこそ、手形での支払いが行われているといえます。

 

手形を振り出すと資金繰りを調整可能に

手形を振り出すことにより支払期日を延ばすことに繋がります。受取人の同意は必要となりますが、支払期日までに現金を準備すればよいため、支払いに猶予が与えられるといえるでしょう。取引先の支払いまでの日数を延長してもらえないかなにもせず交渉するより、手形を振り出すとしたほうが同意を得やすくなるはずです。

 

利息を発生させることなく支払いを延長できる

もし銀行などからお金を借りた場合、完済するまでは利息を払い続けることになりますが、手形なら利息を発生させずに支払いを先延ばしにすることが可能です。

さらに、銀行から手形を得ているということは、厳しい審査に通過した証明となり、社会的に信頼度が高いと認められる部分もメリットです。

 

便利である反面リスクも抱える取引と理解を

手形による支払いで注意したいのは、当座預金残高が不足して支払期日に手形の額面金額通りの支払いができなければ、不渡りという扱いになる点です。

この不渡りは一度発生すると不渡り処分を受けることとなり、すべての金融機関にその通知が行われます。もし6か月以内に2度不渡りが発生した場合、銀行取引は停止となるため、当座預金での取引や融資は2年間利用できません。これは事実上、倒産したとみなされることになるため、社会的信用を失うことになるでしょう。

手形による取引でもっとも気をつけなければならないのがこの不渡りです。当日、当座預金残高が不足している場合などは、銀行から連絡が入り不足しているためすぐに入金するように伝えられます。それでも手元に資金がなく、当座預金に入金できなければ手形の支払いができる不渡りとなってしまうでしょう。

 

リスクを理解した上で手形による支払いを

手形は倒産を招く危険性を背にして行う取引であると理解しておく必要があります。

また、手形の振り出しには、額面金額によって印紙税が課税されることになります。手形の枚数が多かったり、額面金額が高ければ、その分、支払う印紙税も増えると理解しておきましょう。