資金調達のエクイティとデットファイナンスの違いとは?


資金調達(ファイナンス)の方法として真っ先に思いつくのは「銀行融資」ではないかと思います。しかし銀行から借金をするということは負債を増やすことになりますし、すぐに資金が欲しいという場合などには審査などで時間がかかるため対応できません。
ファイナンスを行うニーズには、事業資金、設備投資、M&A、財務戦略、リファイナンス(借り換え)など色々な理由があるでしょうが、目的を成功させるためには一番良いファイナンスの方法を選択することが必要です。

ファイナンスの手法
ファイナンスには色々な手法があり、大きく分類すると株式など資本であるエクイティファイナンス、そして債券などの負債であるデットファイナンスに分けることができます。
これらの中間的な存在に、資本と負債の性格を併せ持ったメザニンファイナンスや、保有する資産を裏づけに資金調達を行うアセットファイナンスなどもあります。

大切なのは経営者の信用度
エクイティファイナンスもデットファイナンスも、どちらも資金調達を成功させるためには経営者の信用度に依存することになるでしょう。
お金の概念は信用そのものですので、通貨の価値は信用で決定します。資金調達は人から信用を集めることですので、経営者が信用に値する人物でなければなりたちません。

エクイティとデットの違いは?
株式を発行することで資金を調達するエクイティファイナンスは株式を発行するなどで資金を調達しますが、デットファイナンスは金融機関や投資家からお金を借り入れることになります。
最大の違いとして、エクイティファイナンスは原則として株主に出資金を返す必要はありませんが、デットファイナンスは金融機関にいずれ返す必要がある資金調達です。
貸借対照表上ではデットファイナンスは負債を増加させますが、エクイティファイナンスは資本が増加するという点でも大きな違いです。

エクイティファイナンスのほうが良い?
将来的に返済義務を負うことになるデットファイナンスに対し、エクイティファイナンスは返済義務が生じないので明らかにエクイティファイナンスの方が良いと思うかもしれません。
しかしエクイティファイナンスは返済義務こそありませんが、株主は会社経営に対する発言権を得ることができます。株主の中には後ろ向きの発言をする人もいるかもしれませんので、会社を運営する上でマイナスになる可能性もあります。
さらに発行株式数が増加することで、1株当たり利益や株価下落を招くおそれもあることは理解しておく必要があるでしょう。

資金調達方法は一番適した方法を選ぶことが重要
このような違いを十分に考慮した上で、エクイティファイナンスとデットファイナンスのどちらが良いかを検討することが必要です。
また、中間的な資金調達方法に、行使期間中なら一定条件のもとで発行会社の株式を取得する権利が付与された社債である新株予約権付社債などもあります。
様々な資金調達方法がありますので、まずはどのような方法があるかを理解した上で自社に一番良い方法を検討することが望ましいでしょう。