借入できない時の資金繰り!大切な資金繰りテクニックは何?


経営者としてしっかりと資金繰りを考えるのは非常に重要な事ですが、なかなか思うように資金繰りができない時もあるかもしれません。資金繰りで欠かす事ができない資金獲得のテクニックについてみなさんに詳しくご紹介いたします。

1資金繰りは経営の要

資金繰りというのは経営者にとって非常に重要な着眼点で、経営を安定化させるためには資金繰りを欠かす事ができません。資金繰りを考える時にはしっかりと資金の獲得先や、返済の計画を立てる事が重要ですし、そもそも資金を確実に獲得できるのかどうか考えなければいけません。資金繰りが安定化するとそれだけで経営が安定化して行きます。経営不安を抱える事がないように、しっかりと資金繰まで計画を立てるようにしましょう。

2資金獲得の基本は借り入れ

資金獲得の基本はまず借入です。資金の借入をするためには銀行などに融資の申し込みを行うのが基本ですが、銀行の審査というのは非常に厳しいもので、なかなか資金の獲得ができない場合もあります。このため、資金獲得をするためには銀行以外のノンバンクから資金の獲得をする事が求められ、ノンバンクからの融資を受ける事が重要です。

ノンバンクからの資金獲得をする時には銀行ほどの資金獲得は期待できませんが、銀行よりは審査の条件が緩やかなので、しっかりと資金獲得をする時に役立ちます。

3借り入れできない時にはファクタリングを利用しよう!

ノンバンクや銀行からの借入では利子が発生してしまい、経営上にあまりよくないと判断した場合にはファクタリングが役立ちます。ファクタリングというのは売掛金を回収する仕組みのことで、売掛金をファクタリング企業に売却することで資金獲得ができます。ファクタリング企業の審査も銀行ほど厳しいものではありません。このため、資金獲得に非常に役立つと一般的に認識されていて、しっかりとファクタリング企業を選ぶことで資金獲得が容易になります。

売掛金が毎月大量に発生している場合には手数料こそかかるもののしっかりと資金獲得ができるのがファクタリングの魅力で、短い審査の期間で確実に資金の獲得ができます。手数料は3社間ファクタリングの方が低いので一見魅力に見えますが、相手方にファクタリング企業の利用が知れてしまいます。ファクタリングの利用を売掛先の企業に知られたくない場合には2社間ファクタリングという手段を利用して資金獲得ができるので、しっかりと利用を検討してみましょう。