売掛債権早期資金化サービス

新たな資金調達方法として経済産業省 中小企業庁が推奨し、注目を集める「ファクタリング」。これから入金される予定の請求書(売掛債権)を買取り、通常の入金日よりも早くお支払いする資金調達方法です。

3社間取引

売掛債権売買取引の基本は、お客さま、取引先、弊社による3社間契約です。弊社がお客さまに資金調達を行い、弊社への入金は取引先からとなります。担保は不要で、取引先が倒産するなど、入金がなかった場合も取り立てなどは一切行いません。3社間ですと取引先に知られてしまうため、今後の取引などに不安がある場合は、取引先への告知が不要な2社間契約の取引も行っています。

メリット
・売掛先への通知が不要
・取引先へのマイナス影響がない
・最短即日の資金化が実現
デメリット
・買取率が3社間よりも低い
・審査が3社間よりも厳しい
2社間取引

お客さまのご希望に応じて、お客さまと弊社で行う2社間売掛債権売買取引にもご対応しています。手数料が3社間より高くはありますが、取引先へ知られることなく利用することができ、担保は不要。もちろん、取引先から売掛金を回収不能となった場合も取り立ては行いません。

メリット
・2社間よりも買取率が高い(売買手数料が安い)
・早期に資金繰りが実現できる
・売掛先への説明のサポートが受けられる(ご希望の場合)
デメリット
・売掛金への承諾が必要なので信用度低下の恐れ
・2社間に比べると資金調達が遅い(売掛先の承諾必須)