売掛債権早期資金化事業
JUST NOW Monetization

売掛債権早期資金化事業

新たな資金調達手法を、
すべての中小企業支援に。

お客様が保有する売掛債権を当社が完全買い取りすることで、
本来の支払い期限日よりも早く現金化する仕組み。
融資が受けられない、資金不足懸念がある等の際、安心して利用できる資金調達方法と言えます。

2通りの資金調達方法が選べる

まずは貴社と御取引先様を交えた 3 社間での売掛債権早期資金化サービスです。経済産業省中小企業庁では、中小企業者が不動産担保に過度に依存せずに資金調達ができるように売掛債権譲渡により資金繰りを勧めています。認知度の低さから、売掛債権の利用について売掛先(取引先)等から資金繰りが厳しいのかと言われ、ご利用により風評被害が発生することが心配というお声を聞きます。そこで当社では売掛先への説明などの代行やお客様に同行するなどの徹底したサポート体制を整えております。売掛金ご請求の御取引先様に不安に感じていただくことを解消し、二人三脚で資金調達を実現する。この強みこそが PMG の三社間早期資金化なのです。

3社間取引の流れ
  • 3社間契約の流れ

    お取引先さまに発行済みの請求書を元に当社へお申込みいただきます。

  • 3社間契約の流れ

    お取引先さまへは当社から通知をいたします。もちろん勝手に送付することはありません。

  • 3社間売掛債権早期資金化サービスの流れ

    当社から通知を行ったあと、最短2日後には貴社にお振込みします。これで短期の資金不足を乗り越えられます。

  • 3社間売掛債権早期資金化サービスの流れ

    お取引先さまからの振込完了を確認し、取引は終了いたします。

次に、弊社と貴社、2 社間での売掛債権早期資金化サービスです。取引先への通知をせずに取引を行うことができるため、信用を失わずに売掛金の現金化ができるのが強みです。弊社では簡易的でスピーディーな審査を行っておりますので、売掛債権早期資金化サービスの強みである「最短即日」での資金調達が可能です。PMG 独自の取り組みにより、多くの企業の期待に応えられるよう努めています。

2社間取引の流れ
  • 2社間売掛債権早期資金化サービスの流れ

    お取引先さまに発行済みの請求書を元に当社へお申込みいただきます。

  • 2社間売掛債権早期資金化サービスの流れ

    取引に関わる売掛債権を当社が買取り、最短即日で入金いたします。これで短期の資金不足を乗り越えられます。

  • 2社間売掛債権早期資金化サービスの流れ

    お取引先さまからの通常のサイクルで貴社に現金が振込まれます。

  • 2社間売掛債権早期資金化サービスの流れ

    通常のサイクルで支払われた売掛金を当社にお振込みください。振込完了を確認し取引が終了いたします。

適切な売掛債権の

早期資金化を。

国も推奨する売掛債権早期資金化サービス。欧米では通常の資金調達方法として定着し、日本も遅ればせながらようやく民法が改正され、正しく導入できる未来がやってきました。一方で、いわゆる「融資」に該当する違法行為とされる売掛債権早期資金化サービスや、他社債権を充当する等の行為が見受けられます。わたしたち PMG は安心してご提供できる売掛債権早期資金化サービスのみを扱ってまいります。

正しい売掛債権早期資金化サービスを

売掛債権の早期資金化は

賢者の選択です。

先行く企業や先見の明ある中小企業の経営者様がはじめている。それが売掛債権の早期資金化です。融資と異なり、先に入金する売掛金を最短翌日(三社間早期化の場合はご請求書送付後最短 2 日後)にお振込。いま目の前に迫った危機に対応することが可能です。回収も、貴社に振込があったのちに回収するという仕組みになっています。安心・安全の資金調達方法、それがこれからの売掛債権早期資金化サービスになるとわたしたち PMG は信じています。

債権流動化は

日本の

NEWスタンダードに。

3社間 MAR(早期資金化)の利用にあたり、取引にかかる契約に売掛債権の譲 渡を禁止する特約がついていると、中小企業者は売掛債権を譲渡することができませんでした。そこで国や地方公共団体では債権譲渡禁止特約の解除を進めており、2020 年 4 月 1 日に債権法が改正されました。なんと 120 年ぶりの民法改正(民法 466 条)。この債権法の改正により、譲渡制限特約が付されていても、債権譲渡は原則有効となりました。債権譲渡が緩和され資金繰りが改善されやすくなる施策となっています。債権流動化は最早、日本の新たなスタンダードになっていくのです。

メリット・デメリットを

正しく理解する。

資金調達方法には、それぞれメリット・デメリットがあります(二社間・三社間MAR のメリット・デメリットについては下記図表をご参照ください)。従来通りの融資が選べるのなら、ご不安は少ないとお感じになるかもしれません。しかし、売掛金を債権化し早期に資金化できるという、いわば「当然の権利」を行使できる資金調達方法には、貴社にとっての資金ショートを乗り越える大きなメリットがあることを、わたしたちは信じて疑いません。どうぞお気軽にお問い合わせください。

メリット・デメリットを

理解したご利用を。

相互にメリット・デメリットがございます。二社間では最短で資金調達が実現する反面、買取率が低く(取引手数料が高く)、また審査も厳しいものになります。一方三社間 MAR は日数こそかかるものの、充実したサポートにより、高い買取率で資金調達を実現することができます。詳細は下記の図表をご確認ください。

メリット デメリット
2 社間 MAR
(売掛債権早期資金化サービス)
  • 売掛先への通知が不要
  • 取引先へのマイナス影響がない
  • 最短即日の資金化が実現
  • 買取率が3社間よりも低い
  • 審査が3社間よりも厳しい
3社間 MAR
(売掛債権早期資金化サービス)
  • 2社間よりも買取率が高い(売買手数料が安い)
  • 早期に資金繰りが実現できる
  • 売掛先への説明のサポートが受けられる
    (ご希望の場合)
  • 売掛金への承諾が必要なので信用度低下の恐れ
  • 2社間に比べると資金調達が遅い
    (売掛先の承諾必須)