資金回収を適切に行うために活用できる方法とは?


事業を営んでいれば資金繰りに苦しくなるタイミングは訪れるものですが、そうならないためには資金の回収はできるだけ早く、そして支払いは遅くすることが鉄則です。

ここで回収する資金は計上された売上分である売掛金であり、支払うのは仕入れ代金などの買掛金です。

回収を先にして手元の資金を増やしておき、その後で支払いをすれば資金繰りに苦しむことはなくなります。

そこで、資金の回収などを適切な流れにもっていくため、どのようなことを実践していけばよいかご説明します。

 

資金回収が滞れば資金繰りは悪化する

商取引で発生する売掛金の回収が遅れると、手元の資金はたちまち不足がちになってしまいます。

資金回収は会社経営における生命線ともいえますが、回収に遅れが発生すれば仕入れ代金を支払うことができなくなる以外にも、従業員の給料や借入金の返済などもできなくなってしまいます。

せっかく売上が計上され、利益を出していても資金が回収できず黒字倒産してしまうことも考えられます。

取引先から決められた期日に売掛金を回収できているか確認し、もし請求を忘れていたり未入金があったりなど、未回収分があればすぐに請求するようにしましょう。

 

資金回収まで遅らせないために

信頼できる取引先だと判断して契約したものの、期日どおりに売掛金が入金されず、未回収分が発生してしまうこともあるでしょう。

このようなことの内容に、取引先の信用力を確認する与信審査は定期的に行うべきです。

その結果によって、どのくらいの金額まで取引を行うのか、販売する量などは適切か検討します。状況により契約内容を見直すなど、売上分は確実に回収できるようにしておきましょう。

与信審査はどのように行うべきか

取引先の信用力は与信審査で確認しますが、具体的にどのような方法で判断すればよいかわからないといったケースもあります。

このような場合には、ファクタリングをうまく活用してみてください。

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に売却し、回収予定の期日よりも前に現金化させて資金調達する方法のことです。

このファクタリングを利用する際には、ファクタリング会社取引先の信用力を重視した審査を行います。

そのため、自社が独自で調査をしなくても取引先の信用力を確認できますし、期日まで回収できない売掛金を先に現金化させて手元の資金を増やすこともできます。

資金調達プラス与信審査が可能となる方法のため、今後資金を適切に回収していくためにもファクタリングを有効活用してみることをおすすめします。