福岡の事業者でもファクタリングで資金調達は可能!


福岡県は全国8位の企業数の県であり、ファクタリングによる資金調達のニーズも高まっているエリアといえます。

しかしファクタリング会社の多くは東京に集中していて、福岡の中小企業では資金調達に使いにくいと感じている経営者もいるようです。

そのようなときには、福岡や九州地方に支社などを設けているファクタリング会社に相談することをおすすめします。

福岡という地域に密着しているファクタリング会社なら、地域特有の事情なども把握しているはずなのでスムーズな資金調達につなげやすくなるはずです。

 

福岡にもファクタリング会社がある?

ファクタリングは日本でまだ十分に周知されているとはいえない資金調達の方法です。そのため、いざファクタリングで資金調達しようと考えたとしても、ファクタリング会社のほとんどは東京にあるため相談しにくいと感じる経営者もいることでしょう。

確かに契約の際にわざわざ東京まで出向く必要があれば、まだ収束していない新型コロナウイルス感染症のリスクも気になりますし、そもそも交通費などコストがかかってしまいます。

しかし近年では、ファクタリングが中小企業の資金調達の方法として合理的であることが認められ、様々なエリアの中小企業からのニーズも高くなってきました。

そのため全国エリアを対象としてファクタリングサービスを提供できるように、東京以外の地方にも支店や営業所を設け、運営するファクタリング会社が増えています。

 

そもそも本当に中小企業にとって有効?

中小企業などの主な悩みとは、

  • 売掛先の支払いサイトが長めに設定されているため資金繰りが悪化しやすい
  • 急激に受注が増えたため仕入れ代金に充てるお金が足らない
  • 銀行融資を受けたくても相談に応じてもらえず何で資金調達すればよいかわからない

といったことなどが挙げられます。

いずれも資金をめぐる悩みであり、手元のお金がうまく増えないことで資金繰りが悪化してしまい、倒産の危機を抱えているというケースも少なくありません。

とくに現在は新型コロナウイルスの影響で、資金難に陥ってしまう傾向が高くなっています。

しかしファクタリングなら、資金調達までのスピードが早く、借り入れではないため審査に通りやすいなどが大きなメリットです。

中小企業が抱える悩みにそのままこたえることができる資金調達の方法のため、うまく活用することで資金繰りを改善させることができます。

 

ファクタリングで資金調達する流れとは?

ファクタリングは、中小企業などが保有する売掛債権(売掛金)をファクタリング会社が買取り、早ければ即日現金化を可能とするサービスのことです。

取引先にサービスや商品を提供・販売したとき、その対価として代金を請求する権利が売掛債権ですが、この売掛債権(売掛金)が支払われるまでの期日を短期化させます。

先払いでお金を受け取ることができるため、入金されるまでの期日が長く設定されている場合でも、資金不足になることを防ぐことが可能です。

3社間取引と2社間取引の違い

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。3社間ファクタリングの場合には、直接、売掛先から売掛債権がファクタリング会社に入金されますので手数料は安く設定されます。

ただ、ファクタリングを利用したことが売掛先に知られることは避けられないため、その後の取引に影響することが不安なのであればおすすめできません。

ファクタリング会社にもよりますが、売掛先に対する説明などもしっかりサポートしてくれる業者であれば、3社間ファクタリングでも安心して契約しやすくなるでしょう。

もう一方の2社間ファクタリングであれば、売掛先にファクタリングを利用したことは知られません。

ただし売掛金は直接ファクタリング会社に支払われず、一旦は資金調達する中小企業などが代行する流れです。そのためファクタリング会社にとってリスクの高い契約となり、手数料は3社間よりも高めに設定されます。

 

福岡の中小企業が活用するメリット

ファクタリングで資金調達するメリットは、東京の企業でも福岡の企業でも同じです。

いずれの場合でも、ファクタリングはお金を借りるときのような審査は行わず、売掛先の信用力を重視して実施されます。もちろん担保や保証人は必要ありません。

そのため必要とする時間が短く、ファクタリング会社独自の審査で早ければ最短即日資金調達できます。

お金を借りるわけではないため、債務超過でもファクタリングの利用は可能であり、ファクタリング会社によって個人事業主でも利用できます。

借入金にならないため、貸借対照表上でも与信に悪影響を与えないこともメリットといえるでしょう。

 

福岡県はファクタリング会社が意外にも多い?

ファクタリング会社の多くは東京に集中していますが、福岡県も近年、ファクタリング会社は増えている状態です。

福岡にあるファクタリング会社なら、九州各県からのアクセスもしやすく、中国地方などの企業でも相談しやすいといえます。

突発的に大きな仕事の打診があったときなど、業績面を考えれば大変喜ばしいことでしょう。しかし手元に十分なお金がなければ、資材などを発注するときや外注の手配に資金が必要となり、受注したくてもできないという状況に陥ってしまいます。

そのようなときにこそ、九州や西日本エリアに特化しファクタリングサービスを展開しているファクタリング会社を選ぶべきといえます。

全国対応可能の業者ならより安心

東京に本社を構え、福岡にも支店があるファクタリング会社であれば、これまでの実績も高く様々なケースの企業に対応しているのでノウハウも持っています。

これまでなら近隣エリアにファクタリング会社がなく、福岡や九州地方でファクタリングを利用したくても、交通面で不便だった中小企業でも安心して資金調達できます。

仮に近隣エリアにファクタリング会社があったものの、数が少なく本当に安心して任せてよいかわからないと感じていた経営者も、手数料・スピード・実績・信頼性などでニーズに合った条件のもと選べるようになったといえます。

地域に密着したスタイルで運営し、立地だけでなく手続きを効率化させることで、審査や入金までのスピードをよりスムーズにするファクタリング会社なら安心です。

 

まとめ

福岡でもファクタリングで資金調達は可能です。むしろ製造などが盛んで、人口や企業数も多い福岡というエリアは、ファクタリングによる資金調達にぴったりの場所といえます。

ただしファクタリングで資金調達する場合には、九州全域はもちろんこと、山陰や山陽エリアまで幅広く対応可能とする福岡のファクタリング会社を選ぶことをおすすめします。

常に大口の資金を確保し、資金化のスピードは業界トップクラスのファクタリング会社なら、買取率も高く手数料も安めに設定されやすくなるはずです。

そして売掛債権の現金化だけでなく、資金調達後のコンサルティング事業までサポート可能なファクタリング会社なら、事業経営がよりスムーズになることが期待されます。

福岡だけでファクタリング会社を運営している業者も地域に密着している点で魅力ですが、規模が小さいと即日対応が難しくなることや、手数料が割高になるケースもないとは言い切れません。

東京に本社を設け、福岡だけでなく西日本・東日本と幅広く対応可能としているファクタリング会社を選んだ方が、柔軟な対応で安心した契約に結び付きやすいといえるでしょう。