早急に資金調達が必要な東京の会社におすすめのファクタリングとは?


早くお金が必要という緊迫した状態でも、東京であればファクタリングによる資金調達がしやすいことが特徴です。

融資では審査が厳しく資金調達が難しいという場合でも、ファクタリングならスムーズだと東京を中心に今中小企業や個人事業主に注目されている手法です。

特に東京都は企業の数も多く、ファクタリングで必要なお金を準備したいと考える経営者も少なくありません。

さらに東京ではファクタリングの実績が高いことからもわかるように、より使いやすい環境となっていますが、それはなぜなのかその理由をご説明します。

 

東京ではどんなときにファクタリングが有効?

ファクタリングは手持ちの売掛債権(売掛金)をファクタリング会社が買取ることにより、現金化させ急な支払いに充てることができるサービスです。資金繰り改善にも有効な手法のため、東京だけでなく全国で幅広い業種により活用されています。

特にファクタリングが有効なのは、

  • 赤字決算で銀行など金融機関からの融資を受けられそうにない
  • キャッシュフローが焦げ付いてしまいそう
  • 資金不足で仕入れができない

など他にもいろいろあります。

東京都にはファクタリング会社も多いため、はじめて利用するときには、

「本当に安全な手法なのか」

「相談しても審査に通らず断られるのでは…」

「どのファクタリング会社に相談したらよいのかわからない」

…などいろいろな不安があることでしょう。

しかし東京はよりファクタリングを資金調達で使いやすい環境にあるといえますが、これにはファクタリング業界のいろいろな背景が関係しています。

 

ファクタリングは回収期間を短期化する手法

ファクタリングは売掛債権(売掛金)をファクタリング会社に売却することにより、売掛先からの回収期限より前であっても、先に資金化できるサービスのことです。

一般的な売掛金の入金サイトは月末締めの翌月末払い(30日)や翌々月末払い(60日)であることが多いですが、ファクタリングを利用すればこの期間待つことなく手元の資金を増やすことができます。

資金調達に活用することにより、機動的な資金調達を可能とする一方、ファクタリング会社によっては手数料が大きくなることもあるため業者選びは慎重に行う必要があります。

特に東京都にはファクタリング会社の数が多く、どの業者に相談すればよいかわかりにくい環境にあるといえるでしょう。

 

東京でファクタリングを使った資金調達のメリット

ファクタリングで売掛金を現金化したいと考える方が重視するメリットには、主に次のようなことが挙げられます。

東京でも即日審査・現金化を可能とするスピーディーさ

ファクタリングは申し込みから売掛金の現金化までが比較的スムーズであることが特徴で、ファクタリング会社によっては即日審査・現金化も可能とするほどのはやさです。

今日・明日にはお金が必要という切迫した状況の中、のんびり銀行に借り入れの相談をする時間はありません。東京都にはたくさんの銀行がありますが、どこに相談しても即日融資してくれるところはないでしょう。

しかしファクタリングであれば、必要な書類を事前に準備しておき、正午くらいまでに手続きを終えることができれば即日売掛金を売却することも可能です。

期日前に売掛金を現金化させれば回転率が上がる

ファクタリングで売掛金をファクタリング会社に譲渡することにより、対象となった売掛債権の回収の期限は短くなります。計上された売上により利益が上がり続けても、増えていく売掛金を回収できなければ何の意味もありません。

ファクタリングはこの売掛金の回収期間を短くすることが可能であるため、売掛金債権回転率を高めることで資金繰りを改善させることができます。

売掛先の倒産に備えることが可能

ファクタリング会社に売掛債権を売却するということは、期日に売掛先から入金されず、未回収となるリスクも移転されるということです。

将来的な貸倒リスクをファクタリング会社に移すことができるので、万一の売掛先の倒産に備えることができます。

 

ファクタリング会社の本社は東京に多い

東京に所在を設ける企業がファクタリングを資金調達に使いやすいとされる理由として挙げられるのが、ファクタリング会社のほとんどが東京都に本社を設置していることです。

なぜファクタリング会社は東京都に本社を置いているのかというと、債権譲渡登記が大きく関係します。

ファクタリングの利用者とファクタリング会社の2社のみで契約する2社間ファクタリングでは、債権譲渡登記が必要となるケースがあります。

2社間ファクタリングでは売掛先からファクタリング会社に直接入金があるわけではなく、間に利用者を挟みます。

そのため万一利用者が決済期日に売掛先から回収したお金を使い込まないように、売掛債権は譲渡されたものだと法的に証明する債権譲渡登記を行うことを必須要件としているファクタリング会社もあります。

この債権譲渡登記はどの法務局でも手続きが可能というわけではなく、東京法務局中野出張所のみでの対応となっています。

登記はスピード勝負となるため、郵送やインターネットなどを使った登記は可能であるものの、直接東京法務局まで足を運んだほうがより安心と考えるファクタリング会社は少なくありせん。

遠方から法務局まで出向く場合には、時間や交通費など近隣であれば必要のなかったコストが余計にかかってしまいます。即日対応やスピード重視を強みとしているファクタリング会社の場合、より余計な時間をかけたくないと考えるものでしょう。

そのためファクタリング会社の多くは東京を拠点とし本社を設けて運営していますが、それでは東京以外の企業はファクタリングを利用できないのか?といえばそうではありません。

本社は東京であっても、支社や営業所を全国規模に設け、どのエリアでもスムーズにファクタリングによる資金調達を可能とするファクタリング会社もだんだんと増えてきています。

債権譲渡登記は高リスク

利用者の立場からすれば、債権譲渡登記を行っても売掛先に知られることもないし、早く売掛金を現金化させるために必要なら問題ないと考えることもあるでしょう。

しかし登記手続きですので、誰でも閲覧できる記録として残ってしまいます。確かに売掛先が法務局に自社の売掛金は誰が債権者になっているのか、わざわざ確認にいくことは確率で考えれば少ないでしょう。

しかしゼロとは言い切れませんし、もし銀行融資を受けようと同時に手続きしている場合には、銀行は確実に売掛債権について調査します。

そのとき、利用者が保有する売掛債権の債権者がファクタリング会社に移転されている事実を知れば、審査は不利になってしまうでしょう。

さらに2社間ファクタリングの手数料は10~20%が一般的な相場ですが、債権譲渡登記が必要になれば別途その費用を負担することになります。

そうなると資金調達を目的にファクタリングを利用したのに、手元に入るお金が少なくなってしまい、十分な調達につながらなくなってしまいます。

そのため目先のことだけでなく、将来的な資金繰りまで充分考えた上で、ファクタリングを利用し業者を選ぶことが重要です。

 

まとめ

資金調達にファクタリングを活用する場合、所在が東京であればより使いやすいといえます。

東京には数多くのファクタリング会社が存在するため、どの業者に相談すればよいか迷ってしまうこともあるでしょう。

ファクタリング会社によって設定される手数料は幅がありますし、債権譲渡登記の費用や出張費などが発生する場合もありますので、手元にどのくらいのお金が入ることになるか事前に確認した上で契約するようにしましょう。

PMG(ピーエムジー)でも即日対応は可能ですし、債権譲渡登記は必須ではないなど余計な費用はかかりませんので、まずはメールやお電話からでも安心して相談してください。