契約しているファクタリング会社に不満があるなら乗り換えの検討を!


ファクタリングを資金調達の方法として活用している方の中には、今利用しているファクタリング会社に支払っている手数料が高いと感じ乗り換えを検討している経営者もいることでしょう。

手数料に不満を抱えているだけでなく、担当者の対応や提供されるサービスの内容に満足できていないという場合、ファクタリングの乗り換えはおすすめです。

 

ファクタリングの乗り換えは本当に必要?

すでにファクタリング会社と契約を結び、毎月の資金調達の方法にファクタリングを利用している場合、発生する手数料負担が大きいと感じることもあるようです。

資金繰りを改善させるために、数か月に渡りファクタリングを利用することになるとわかっていても、手数料の負担が大きいと十分な資金調達につながりにくくなります。

このような場合、ファクタリングをより有効な資金調達の方法として利用したいのなら、ファクタリング会社の乗り換えを検討することが望ましいといえます。

ファクタリングから抜け出すために

そもそもファクタリングは期日に回収する予定の売掛金を前倒しで受け取り資金調達する方法のため、手数料によりコストが増えてしまうと資金繰りが改善されるどころか悪化させる可能性があります。

そのため継続してファクタリングで資金調達する場合には、現在契約しているファクタリング会社がベストと考えず、できるだけ手数料が安く提供されるサービスも充実している業者に乗り換えることも検討してみることが必要です。

しっかり経営計画を立てておかなければ、一度利用するだけに終わらず抜け出せなくなる可能性があると認識しておきましょう。

 

資金繰りを正常化させるためにも

ファクタリングの乗り換えとは、現在契約しているファクタリング会社から別のファクタリング会社に利用を移すことです。

売掛金を現金化させるまでスピーディであり、借金を増やすことなく資金調達できることがファクタリングのメリットといえます。

しかし将来受け取る予定の売掛金を先に入金してもらう形になり、ファクタリング会社に支払う手数料分、金額は目減りしてしまいます。

翌月のキャッシュを先食いという形になるため、一度の利用で資金繰りを改善させることは難しく、複数回に渡り利用して少しずつ正常化させていくことになるでしょう。

利用のループから抜け出すためにも乗り換えは必要

ファクタリングを利用すれば手数料分、本来受け取る予定の売掛金を目減りさせてしまいます。そのため長期に渡って継続的に利用することはよいこととはいえません。

そこで、中長期的な資金繰り改善対策を立てておき、可能な限り手数料を抑えることができるファクタリング会社に乗り換えるようにしましょう。

数か月〜1年を目安にファクタリングを行い、前倒しで受け取る金額を少しずつ減少させながら資金繰りを正常化させることを検討してください。

1か月の前倒しだけでなく、支払いのサイクルにより2か月や3か月後の入金分を前倒しさせることもできます。

大切なのは、事前に何か月で資金繰りを正常化させるか決めておくことであり、計画通りに進めていくことです。

 

ファクタリングを乗り換えるメリット

銀行融資などでも金利が安い金融機関に借り換えることもあるように、ファクタリングでも発生する手数料や買取条件などを基準として費用負担が軽いファクタリング会社に乗り換えたほうが得です。

ただ、必要書類を再度提出しなおすことが必要になりますし、新しいファクタリング会社との面談なども必要になります。

手間や時間がかかり、面倒に感じることもあるでしょうが、コストを抑えることを考えれば乗り換えを行ったほうがよいでしょう。

どのくらいの手数料を削減できれば、新しいファクタリング会社に乗り換えればよいかというと、売掛金の買取金額によって前後するものの100〜300万円くらいなら3%以上削減可能であれば実行すべきです。

乗り換え利用者はファクタリング会社に好まれる

ファクタリングを乗り換えることは発生する手数料を削減できるなど、利用者に大きなメリットがあります。そしてファクタリング会社にとっても、乗り換え利用者は好まれる顧客です。

すでに別のファクタリング会社でファクタリングを利用しているということは、その時点で信用力の高い売掛金を売却していることや、ある程度信用できる利用者であることを証明していることになります。

ファクタリング会社が売掛金を買い取るにあたり、最も気にするのはその売掛債権が期日に本当に回収できるかどうかです。

また、2社間ファクタリングの場合は売掛先から代金を回収するのは利用者であり、着服したり使い込んだりせずそのままファクタリング会社に渡すという流れが必要になります。

いくら信用力の高い売掛先の売掛金だとしても、利用者の財務状況がかなり悪化している状態では、売掛先から回収した代金を使い込まれるリスクなどが高まるため安心して契約を結ぶことができません。

そのような中で、すでに他のファクタリング会社で複数回に渡りファクタリングを利用している実績がある利用者の場合、今後も安定して支払い続けてもらえる可能性が高いと判断されるでしょう。

手数料を他社より下げたとしても、確実に回収できる見込みの高い利用者を多く獲得したいと考えるファクタリング会社にとって、乗り換え利用者は優良な顧客なのです。

手数料の交渉もしやすくなる

すでに他のファクタリング会社との利用実績がある利用者であれば、新しいファクタリング会社と手数料の交渉がしやすくなります。

そして契約中のファクタリング会社から乗り換えてもらおうとする新しいファクタリング会社は、設定されている手数料よりも引き下げて乗り換えの提案をすることになるので、確実に手数料は下がります。

ファクタリングの乗り換えは、他の業者で利用した実績がすべて無駄にならない点が大きなメリットです。

 

検討するべきタイミングはいつ?

すでに契約しているファクタリング会社に不満を抱えていても、どのタイミングで乗り換えを考えればよいのかわからないという場合もあることでしょう。

乗り換えを検討するとよいタイミングとしていえるのは、高い頻度でファクタリングを利用しているときや、大口の売掛債権でファクタリングを利用しているときです。

毎月などファクタリングの利用頻度が高い場合には、たとえ数%でも手数料を下げることができれば年間を通すことでかなり費用を抑えることが可能になります。

 

まとめ

ファクタリングの乗り換えを検討するとき、次に利用するファクタリング会社の安全性や信頼性を確認することも大切です。

いくら手数料を抑えることが可能になるといっても、新しく契約したファクタリング会社が悪徳業者だった場合は資金繰りが改善されるどころか、財務状況がどんどん悪化してしまいます。

現在契約しているファクタリング会社より、手数料など調達コストを抑えることが可能となる業者を探すことは容易なことではありません。

銀行融資の借り換えのときには複数の銀行の金利などを確認した上で、どの金融機関から融資を受けるか決めることになるでしょう。

ファクタリングの場合でも、複数社から相見積もりを取得しながら、どのファクタリング会社がよりコストを抑えることができるか判断しながら決めると良いと考えられます。

なお、銀行融資の場合はメインバンクとの付き合いなどがあるため、一時的な金利引き下げを目的に借り換えを行うことはメリットにつながらないこともあります。ただファクタリングの場合は、銀行融資のようなしがらみがないので、乗り換えによるデメリットはないといえるでしょう。