ファクタリング会社を厳選するときに比較したいポイントとは?


資金調達のためにどのような方法があるのか、日々頭を悩ませている経営者も少なくないようですが、中小企業に有効な手法として近年注目を集めているのはファクタリングです。

ただ、注目されつつあるとはいえ、まだ十分に周知されていないことで、どのファクタリング会社を選べばよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで、ファクタリング会社を厳選する場合、何を基準にどのような部分を重視して選べばよいのかご説明します。

 

ファクタリングとは

ファクタリングとは、取引先との間で発生した売掛債権をファクタリング会社に売却し、前倒しで現金を受け取る資金調達方法です。

売掛金が取引先から回収できるまでは一定期間が空きますが、ファクタリングを利用することによってその期間を短縮することができます。

仕入れ代金や経費、人件費、税金など、支払いに充てる資金が不足しているという場合でも、借り入れではない方法で資金を調達できるため資金繰りの悩みが改善されやすいといえるでしょう。

 

ファクタリングの種類をまずは確認!

ファクタリング会社を紹介する前に、まずはファクタリングには大きく分けると4つの種類があることを知っておきましょう。種類によって、どのファクタリングを得意とするかなど違いがある場合もあります。

一括ファクタリング

保有する売掛金などの売掛債権をファクタリング会社に売却し、期日よりも先に現金化させることで資金を調達できるファクタリングです。

まだ回収できていない取引先との間に発生した売掛金が買い取りの対象となるため、負債を増やさず運転資金など調達する際に有効な方法といえます。

医療報酬債権ファクタリング

医療機関などでは、国民健康保険や社会保険など、保険適用となる診療を行った際に発生する診療報酬を請求して支払われるまでには2か月など一定期間が空いてしまいます。

そこでファクタリングにより前倒しで現金化させることにより、その間に発生する支払いに充てることが可能となります。売掛先が公的機関となるため、その信用力の高さから低い手数料でファクタリングが可能となることが特徴です。

保証ファクタリング

保有する売掛金などが取引先から支払われなくなるリスクを回避するためのファクタリングで、保証料を支払って倒産や経営破綻による債権回収が不能となるリスクを防ぐことができます。

保証ファクタリングでは、取引先の信用力や返済能力を予測・分析するという与信管理をファクタリング会社が代行して行うこととなるため、回収不能となるリスク回避とともに業務コストを削減することにも繋がります。

国際ファクタリング

輸出取引を行う企業が、輸入業者から支払われる代金の回収不能リスクを回避するために利用されるファクタリングです。

輸出と輸入、双方の企業とファクタリング会社という3社間での契約が必須となり、輸入業者が代金を支払ってくれない場合はファクタリング会社が代わりに支払いを行ってくれます。

 

ファクタリング会社を厳選する上で確認したいポイント

このようなファクタリングの種類のうち、どのファクタリングを得意とするのか、取り扱いを行っているのかはファクタリング会社により異なります。

希望するファクタリングを利用できるファクタリング会社を確認し、その中でどの業者が信頼できるのか厳選するために、次の項目を確認しておきましょう。

手数料を明確にしてくれるか

ファクタリングを利用する上で発生する手数料ですが、実は法的な上限などの縛りがないため、ファクタリング会社が自由に設定し、それに合意すれば契約は成立します。

そのためある程度の相場を知っておくことが必要であり、あまりに相場とかけ離れた手数料設定の場合には悪徳業者ではないか?と疑うべきです。

たとえば2社間ファクタリングであれば10~20%、高くても30%までが相場3社間では1~5%、高くても9%までが相場となります。

原則としてこの範囲での手数料が設定されていることが条件となり、さらにどの業者が安い手数料なのか比較検討するようにしましょう。

また、手数料の詳細が明確か、一時金など何のための費用かわからない費用が含まれていないか必ず確認するようにしてください。

契約内容などをしっかり説明してもらえるか

どのような契約になるのかその内容が不明なままで取引を行ってしまうと、不安な状態が続いてしまいます。

必ず契約内容をしっかり説明し、不明や不安な点にも丁寧に回答してくれるか確認しておきましょう。納得した上で契約を結ぶことが重要です。

会社概要などの確認も重要!

信頼できるファクタリング会社でれば、インターネット上でホームページなどを開設し、自社の会社概要などを公開しています。

どのような会社なのか、記載されている所在に本当に本社があるのかなど、グーグルマップなどで確認してみましょう。悪徳な業者の場合、嘘の情報を記載していることもあります。また、過去の取引事例や実績などを掲載している会社のほうがより安心です。

 

まとめ

ファクタリングを資金調達で利用するとき、何を重視して選べばよいのか迷ってしまうこともあるかもしれませんが、売掛債権を売る側と買う側、双方の信頼関係を築くことができて初めて契約は成立します。信用取引をしっかり行うことができるファクタリング会社を厳選するようにしてください。