ファクタリングの意味|よくわからないという方のために優しく解説!


中小企業が資金を調達するとき、ファクタリングを利用することが増えていますが、中にはファクタリングとは何なのか知らない、意味がわからないという方もいることでしょう。

そこで、近年、注目されつつあるファクタリングとはどのような意味なのか、どのように資金を調達できるのか解説します。

 

ファクタリングという言葉の意味

即日資金が調達できる方法として注目されつつあるファクタリングですが、そもそもどうしてファクタリングと呼ばれているのか、その意味や仕組みをよく知らないという方もいることでしょう。

どのような手法なのか理解できないままでは、いくらすぐに資金が調達できる便利な方法だといわれても、不安で利用できません。

まずは、ファクタリングという名称の意味ですが、ファクタリング(factoring)ファクター(factor)の派生による言葉です。

ファクターとは因子や要因、要素といった意味を持ち、さらに、仲買人、代理商、問屋という意味も含んでいます。

その仲買人であるファクターを現在進行形にしてファクタリングという名称となったと考えられるでしょう。

 

ファクタリングは売掛債権の買い取りサービス!その内容とは?

ファクタリングとは、中小企業などが保有する売掛債権をファクタリング専門業者に売却し、売掛先から入金されるよりも前に現金化させることで資金を調達する方法です。

売掛金とは、商取引で商品・サービスを納品・提供したけれど、まだ代金は受け取っておらず、支払ってもらうように請求することができる権利のことで、売掛債権の1つです。

このような取引を一般的に掛け取引といいますが、日本ではその場で現金による支払いを行うのではなく、掛けによる取引が主流となっています。

ただ、商品やサービスを販売し、入金されるまでの期間が長期化してしまうと、その間に発生する仕入れや経費などの支払いに行き詰りがちになる傾向が見られます。

このような問題を解決してくれるのがファクタリングであり、入金される売掛金を前倒しで受け取る形です。

 

実際のファクタリングの流れ

実際にファクタリングを利用した場合、どのような流れになるのか具体例を用いて説明します。

まずファクタリングは、

  1. 商品やサービスを納入する納入企業(自社)
  2. 商品やサービスを購入し、まだ代金を支払っていない売掛先
  3. 売掛金を買い取るファクタリング専門業者

の3者が主に関係することになります。

1.商品またはサービスを納入企業が納品・提供

たとえば納入企業(自社)が仕入れた商品を取引先に売却するとします。商品を購入する取引先に納品書と合わせて渡すと、取引先は商品を確認し、受領書や検収書などを発行して受け取ったことの証明として納入企業に渡します。

このとき、まだ代金は受け取りませんので、取引先に対する売掛金が発生することとなり、取引先=売掛先ということになります。

2.売掛先が受領したことが確認できた後に請求書の発行

商品を販売した納入企業は、商品代金の請求書を売掛先に渡すこととなりますが、事前に支払いは月末締め翌々月末払いと取り決めていたため、商品販売から入金されるまでの期間は2か月以上あいてしまいます。

ここで問題となるのは、売掛先に対して販売した商品の仕入れ代金です。2か月後には入金があるとわかっていても、先に仕入れ代金の支払いが発生してしまうことになります。

この場合、他の売掛金などの入金で仕入れ代金の支払いをまかなうことができれば問題ありませんが、そうでない場合は何らかの方法で資金調達することが必要です。

3.ファクタリングを利用して資金調達を検討する

ここで登場するのがファクタリングです。

ファクタリングであれば、2か月先になる入金を短期化することができるため、仕入れ代金の補てんが可能となります。

ただし、気になるのは売却した売掛金をいったいいくらで買い取ってもらえるのかという部分です。そこで、ファクタリング専門業者にどのくらいの手数料が発生し、買取金額はいくらになるのか見積もりを出してもらいます。

ファクタリング専門業者の見積もり方法

ファクタリング専門業者は、納入企業から持ち込まれた売掛金について、

  • 売掛債権の金額
  • 売掛金が入金されるまでの期間
  • 売掛先の信用力
  • 納入企業と売掛先とは継続して取引が行われているか

など、様々な項目を確認しながらファクタリング手数料を決めます。

4.ファクタリング専門業者との契約

ファクタリング専門業者が提案した見積もり金額で納得した場合、正式に売掛債権譲渡の契約をファクタリング専門業者と結ぶことになります。

契約後、早ければ即日手数料分を差し引いた買取金額を受け取ることができます。

5.売掛先からの支払い

最後に、本来の売掛金の支払期日に、売掛先から売掛代金が入金され、それをファクタリング専門業者が受け取るという形です。

 

まとめ

決算書が赤字になれば倒産してしまう!と思うかもしれませんが、たとえ黒字でも手元の資金が枯渇したときには倒産してしまいます。

掛け取引で発生した売掛金が支払われるまでの期間が長期化すれば、だんだんと資金繰りは悪化していき、最終的には手元の資金不足に陥るでしょう。

最悪の場合、売上は伸び利益も出して黒字なのに、資金不足で倒産してしまうかもしれません。

そのような事態を防ぐための資金調達の方法がファクタリングであり、すぐに現金を手に入れたいというニーズに対応できる方法であるといえます。