ファクタリングを利用したときの仕訳とは?会計処理の方法をわかりやすく解説!


日本の商取引は掛けによる取引が慣習化されており、商品やサービスを販売・提供してから一定期間空いた後に、その代金が支払われることになります。

掛け取引により発生するのが売掛金ですが、その売掛金を入金よりも前に現金化させて資金調達する方法がファクタリングです。

もしファクタリングを利用して資金を調達した場合、会計処理ではどのような仕訳をたてていけばよいのでしょう。

 

掛け取引で売掛金が発生したときの仕訳

普段の掛け取引において売掛金が発生した場合には、

借 方 貸 方
売掛金 売 上

 

という仕訳をたてます。

 

その後、取引先から売掛金の入金が普通預金にあったとき

借 方  貸 方
普通預金 売掛金

という仕訳で、発生した売掛金を消し込んでいきます。

売掛金が帳簿上、残ったままになっているということは未回収であることを意味しますので、期日通りに支払いが行われているか確認し、遅れている場合には取引先にその事実を確認するようにしましょう。

ファクタリングを利用した場合の仕訳

では、発生した売掛金をファクタリング会社に売却し、手数料を支払った残りを現金として受け取ることとなり、普通預金への入金が行われた場合の仕訳はどうなるのでしょう。

まず、売掛金が発生したときの仕訳は通常の掛け取引で行われる仕訳と同じです。

本来ならここで入金されるのを待ち、入金後に売掛金を消す仕訳で処理しますが、ファクタリングを利用し契約を結んだときに、

借 方 貸 方
未収金 売掛金

という仕訳で処理をします。

契約段階では売掛金は売却により消滅しますが、まだ売却代金が入金されていないので、未収金という勘定科目を用いることとなります。

次にファクタリング会社から売却代金が普通預金に入金されたときには、

借 方 貸 方

普通預金

売掛債権売却損

未収金

 

という仕訳をたてます。

ここで登場する売掛債権売却損はファクタリングを利用した際にファクタリング会社に支払う手数料のことです。

債権を譲渡したとき発生する損失を計上する勘定科目ですが、同じ営業外費用である雑損失や割引料で処理をしても問題ありません。

このような仕訳が成立する理由

金融資産を譲渡する場合、本来なら時価で資産計上することが必要です。

ただ、時価を合理的に算出することができない場合には、時価をゼロにして譲渡損益を計算すればよいとされており、損失が発生する可能性が高いなら損失を引きあてる必要があるともされています。

売掛金は売掛債権という債権であり金融資産ですが、有価証券などとは違って一般的に徐と取引されるものではないとされており、時価の算出ができません。

そこで時価を計算する必要はなく、損失として発生する手数料分を譲渡損として計上すれば問題ないということです。

 

ファクタリングの消費税と仕訳方法の関係

消費税は2019年10月から税率が8%から10%に引き上げとなるため、ファクタリングと消費税の関係は気になるところでしょう。

商品を掛け取引で販売すれば、購入先は商品を買うときには代金に対する消費税を支払うこととなります。

発生した売掛金をファクタリングで現金化させる場合でも、取引先から後日、消費税分を含んだ代金が入金されることに変わりはありません。

ただ、ファクタリングを利用する際には手数料が必要となり、その手数料を差し引かれた分が入金されます。

手数料と入金される売却代金に消費税がかかるのかということですが、消費税は国内で事業者が事業として対価を得る取引に対して課税されます。しかし、有価証券などの譲渡は非課税取引として例外扱いになっており、ファクタリングは有価証券などの譲渡として扱われる金銭債権の譲渡に含まれます。

そのためファクタリング利用で発生する手数料も、売却代金にも消費税はかからないということです。

 

ファクタリングを利用することで会計処理上にメリットはある?

ファクタリングは賃借対照表の資産の部から売掛金という債権をなくし、総資産額を減少させることが可能です。

これを資産のオフバランス化といいますが、総資産額は減少しても利益を変えることはないので、総資産利益率(ROA)を向上させることに繋がります。
総資産利益率(ROA)とは、利益を総資産で割って算出する割合であり、収益性の財務指標として用いられています。

銀行融資などの審査でも重視される項目であるため、融資を受けたいという場合に有利に運ぶようになるでしょう。

 

まとめ

ファクタリングを利用したときの仕訳処理に悩むこともあるかもしれませんが、普段あまり使用することのない勘定科目を使うことで混乱してしまいがちです。

しかし再度確認してみれば、非常にシンプルな会計処理の内容となっており、特に面倒な仕訳をたてる必要はありません。

ただ、ファクタリングの利用において支払った手数料は売掛債権売却損で仕訳を立てることが必要なので、もし抜かりがあると後で修正しなければならなくなります。忘れず正しい仕訳で処理を行うようにしましょう。