お金を稼ぐ方法とは?インターネットを駆使して余裕資金を簡単にゲットする方法をご紹介!


お金を稼ぐ方法はいろいろありますが、本業だけでは資金に不安があるという場合、副業で上手く稼ぐことはできないか考えている方もいることでしょう。

最近ではインターネットを上手く利用し、事業の紹介や広告も兼ねながら資金を得るといった方法も活用されています。

そこで、上手くインターネットなどを使ってお金を稼ぎたい方のために、簡単にすぐ実行できる方法をいくつかご紹介します。

なお、お金を稼ぐことができるようになる前に、すぐに資金が必要という場合には売掛金を現金化するファクタリングも活用することを検討してみましょう。

 

お金を稼ぐならコレ!YouTube(ユーチューブ)への動画投稿

すっかり子どもたちのなりたい職業の上位として常連になったYouTuber(ユーチューバー)とは、YouTube(ユーチューブ)に撮影した動画を投稿して多くの方たちに閲覧してもらい、広告料でお金を稼ぐことを仕事とする方のことです。

趣味で投稿している方もいますが、人気ユーチューバーは本業として想像を超えるほど膨大な金額を稼いでいます。

世界には推定年収15億円といわれるユーチューバーも存在するほど、その勢いは留まることを知りません。

ユーチューブで稼ぎたいなら、動画を作成して投稿するだけなので、スマートフォンなどがあればわざわざ撮影用の機械なども購入することもなく、誰でも簡単に始めることができます。

観たい!と思わせる内容の動画を撮影し、動画の編集ソフトなども活用すればより観やすい動画で多くの視聴者を獲得できかもしれません。最初は月3~5万円程度を目標に始めてみるとよいでしょう。

 

お金を稼ぐならコレ!アフィリエイトで報酬を得る

アフィリエイトとはインターネットを利用した成果報酬型の広告のことです。ブログやホームページなどを閲覧した方が、そこに掲載されている広告先の商品やサービスを購入・利用した場合に、発生した利益に応じた成功報酬を獲得できます。

広告主と広告を掲載するブログやサイトで構成されるアフィリエイトサイトもあれば、仲介役としてアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)が間に立ち、広告主の広告をサイト運営者に紹介して橋渡ししてくれるサービスもあります。

アフィリエイトは運営するサイトがあればいつでも簡単に始めることが可能であることも特徴です。

たとえばアフィリエイトサービスプロバイダーにサイト運営者の情報やURLを無料登録し、サイトの情報や趣旨に合うなど掲載したい広告に提携申請を行って、審査が降りればその広告を自身のサイトに貼るという流れです。

サイト閲覧者が広告先の商品やサービスを購入・利用した場合には、事前に決められた紹介料が報酬として支払われることになります。

また、商品やサービスを購入・利用しなくても、広告をクリックされただけで報酬が発生するというものもあるため、よく内容を確認した上で選ぶとよいでしょう。

 

お金を稼ぐならコレ!投資で資産運用

資産運用の対象となるものには、株式、FX、先物、オプションなどいろいろです。ただ、これらの投資はいずれもハイリスク・ハイリターンのイメージが強いでしょうが、次に挙げる方法なら初心者でも始めやく、リスクを低減させた資産運用ができます。

なお、次に挙げる方法はインターネットそのものを使って資産運用するというよりは、申し込みや取引、確認などをインターネット上で行うことができる方法といえます。

投資信託

投資家から集めた資金をひとまとめにして、運用の専門家が投資・運用を行います。運用成果は投資額に応じて分配されますので、投資や運用をどのように行ってよいかわからないという場合でも、資産運用の専門家に運用してもらえることがメリットといえるでしょう。

J-REIT(ジェイリート)

不動産投資信託の略称をREIT(リート)といいますが、投資家から資金を集め不動産を運用し、賃料として得た収入などを投資家に分配する仕組みになっています。

●投資信託を始めるならNISA(ニーサ)にも注目!

2014年1月に始まった個人投資家のための税制優遇制度のことで、毎年120万円非課税投資枠が設定されます。

それにより、株式・投資信託などの配当や譲渡益などは非課税の対象となるため税金対策に繋がります。

つみたてNISAは少額から長期で積立・分散投資を行いたいという方のための非課税制度で、2018年1月から始まりました。

年間40万円までを購入できますが、累積投資契約に基づく買付けという購入方法、購入可能な商品は長期で積立てを行う分散投資に適した投資信託に限定されます。非課税期間は20年間という長期であることが特徴です。

金(ゴールド)

国が破産して紙幣が仮にただの紙切れになったとしても、現物資産である金であれば世界共通の価値を継続して維持できます。有事に強い資産を購入し運用する方法なので、人気も高めです。

不動産投資

現物資産である不動産を購入し、賃貸経営を行って家賃収入を獲得したり、価格の低いときに購入した不動産を価格が上がったときに売却して売却益を得る方法です。

iDeCo(確定拠出年金)

確定拠出年金法に基づき実施されている私的年金の制度のことで、20歳以上60歳未満の方なら加入できます。

利回りは平均3%などであり、掛け金は全額控除の対象となる上に、利益に対する課税もないといったメリットがあります。

 

まとめ

インターネットには無限の可能性が広がるため、いきなり大きなリターンは期待できなくても少しずつお金を稼いで余裕資金を得たいという方にぴったりな稼ぎ方もいろいろあります。

また、インターネットで稼ぐことができたら、次はその稼いだ資金で資産を運用することを検討すると、さらに大きな資金獲得へと繋がるでしょう。

注意したいのは一獲千金は一気に失う可能性も高いということです。細く長くお金を稼ぐことができる方法を上手く活用するようにしてください。

また、稼ぐことができるようになるまで待てない!すぐ資金調達する必要がある!という場合には、保有している売掛金を売却して現金化するファクタリングを検討してみることをおすすめします。