資金不足で税金滞納!どうやって資金調達するの?


事業資金が不足したときに起こりうるトラブルの一つが税金の滞納です。税金の支払いの事をついつい忘れてしまい、事業資金が不足しているというのはどの企業経営者でも一度は経験するものだと言われていて、息の長い経営を行うときには税金に対して気配りをすることが非常に重要です。しっかりと事業資金確保の手段を把握しておきましょう。

1税金の滞納に要注意

企業の税金滞納というのは非常に重要な経営の危機ということができます。税金が滞納してしまうと実は延滞税という税金が加算されてしまい、利率が非常に高いので、注意しなければいけません。

税金を滞納しているときに注意したいのが資金の支払いの優先順位です。資金繰がショートしそうなタイミングで支払いの順序を誤ってしまうと倒産などの憂き目にあってしまいます。このため、まずは手形・小切手の支払い、人件費の支払いなどのかなり優先順位の高いものから支払いを始め、次いで仕入れなどの事業の継続な部分にしっかりとお金を回していくことを意識しなければいけません。

もちろん、テナント費用・銀行への資金返済などの費用も発生するので、しっかりと対策を立てて、適切な順番で支払うようにしましょう。

2滞納が続くとどうなる

税金の滞納が続くとどのようなトラブルが起こるがご存知でしょうか。税金の滞納というのは実は非常に厄介なもので、企業経営が破綻したとしても最優先に税金が債権の回収ができるほどの権限を持つ、注意が必要な存在です。

もちろん、厳しい取り立てが継続するようなことはないのですが、放置を続けているといきなり差し押さえがかかってしまうことがあり、この場合には銀行の口座にも手出しができず、事業自体がストップしてしまい、経営が破綻してしまうことになります。

適切な資金調達の手段を理解し、税金に応対する技術は経営上とても大きな意義があるのです。

3資金確保はファクタリング

事業資金が不足しているときにはまず、ファクタリングなどの手段を利用して事業資金の確保を行うことが非常に重要です。ファクタリングを利用することで効率よく資金調達ができるだけでなく、企業内部の資金の循環も改善し、これまでと同じ資金でより黒字を拡大できる機会を増やせます。税金の支払いのように緊急性が高い案件の場合には支払いスケジュールを見て、条件に見合ったファクタリング企業を利用することで税金の滞納を回避することができます。適切な企業経営を継続するためにも、まずはしっかりとファクタリングなどの手段を利用するようにしましょう。