段階別に調達手段を使い分ける!資金調達の基本に注目


事業資金の調達を考えるときに欠かすことができないのが、資金調達の手法を理解することです。どのような事業資金の調達法があるのか熟知することでしっかりと資金調達ができますし、何よりも事業の経営が安定化します。経営が安定化している企業の方でも、これから駆け出しのスタートアップ企業の方でもしっかりと資金調達の基本を見直しておきましょう。

1事業資金の調達は段階で分ける

事業資金の調達を考えるときにはまず、企業の段階をいくつかの視点で分けることが非常に重要です。この段階というのは主に事業を始めて間もない段階なのか、投資した赤字を返済している段階なのか、それとも、利益を創出している段階なのかという区分で考えるとわかりやすく、各段階に応じて適切な資金調達を行う必要があります。事業資金が不足しているときには適切な資金調達を欠かすことができません。しっかりと調達方法について意識をしておきましょう。

2事業資金の調達法

事業資金調達の基本はまず、銀行からの融資です。スタートアップのタイミングや、事業自体を大きく成長させようとしている段階の場合にはある程度まとまった資金が必要になるので、銀行からの融資を受けることが非常に重要になります。この段階は事業の立ち上げや起業してすぐの段階など企業の活動の中で重要度が高いものの、頻度としては非常に少なく、ここぞというタイミングで事業資金を獲得するときにこのような融資を利用した資金調達を検討するべきでしょう。

資金調達を考えるときに最も注意が必要なのが、投資金額を返済している段階です。このタイミングでは事業資金の不足によって返済の停滞などのトラブルが起こることがあり、このようなトラブルを起こさないようにしっかりと注意しておくことがとても大きな意味を持つのです。

この借金返済段階の事業資金調達で重要なのが新たな借金を抱えないということです。このため、立ち上げた事業の売り上げをしっかりと確保し、この売り上げた利益をもとにしてさらに黒字を拡大するように資金をうまく回す必要があります。このような段階で役立つのがファクタリングです。ファクタリングは売掛金を早期に回収できる仕組みなので、事業資金の秋点効率が非常に良く、利用する上でとても役立ちます。

ファクタリングは融資を受けた資金の返済にも非常に役立ちます。事業資金が不足したときにはファクタリングなどの方法を有効活用し、しっかりと事業資金の確保に意識を向けるようにしておきましょう。